モックアップ (2)

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
以前、被せもの等の診断用模型を作製し分析する事をモックアップとか診断用ワックスアップと呼ぶ事をご紹介しました。
今回モックアップした患者様は、モックアップからプロビジョナルレストレーションを作製してしばらく使っていただきました。そして先日最終的な被せ物が犬歯〜犬歯間の6本に入り、経過良好です。
術前              
000000217042_Panorama_20081120233137_02.jpg
術後
00000021706341_IntraOral_20090627051350.jpg
モックアップ
000000217042_Panorama_20081213215735.jpg
矯正専門医の先生からの依頼により、前歯をセラミクスにて連結固定する事になりました。補綴する事により理想的な水平的垂直的被蓋と矮小歯の審美的な改善も出来ました。中切歯の歯頚線の不揃いも解消できました。
アンテリアガイダンス、アンテリアカップリングの獲得により、下顎位も安定し咬みやすくなり、審美的にも良好な結果を得る事が出来ました。
モックアップを参考にプロビジョナルレストレーションをある程度使っていただきました。プロビジョナルの咬耗の状態等から適正な犬歯ガイド量を付与する事が出来ました。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年7月3日  カテゴリー:審美歯科治療

ページトップへ