一本の歯を残す努力 (2)

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
再生療法をご希望なさり退院から紹介を受けた患者様(一本の歯を残す努力)の治療が先日一段落つきました。
術中              補綴処置後
000000220678_IntraOral_20090304060138.jpg 0000002206089_IntraOral_20090625053623.jpg
初診時             現在
0000002206078_IntraOral_20090110102555.jpg 0000002206__IntraOral2009011010255090_.jpg
低浸襲にオペを行い最小限のフラップを開けたため、軟組織の治癒も良く歯肉も安定しております。エムドゲインを用いた歯周組織再生療法により、歯周組織は確実に再生されました。
根分枝部と遠心に骨欠損の透過像が有りましたが、不透過性が増し骨の再生が確認できます。エムドゲインは骨が出来ます。
重度に進行してしまった歯周病の歯は再生療法も不可能で手遅れで抜歯に至ケースもあります。なるべく早めにお近くの歯周病専門医にご相談下さい。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年7月1日  カテゴリー:歯周病治療, 再生療法

ページトップへ