即時負荷インプラント ♯2(2)

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
インプラント植立と同時に仮の歯を入れて負荷を与える方法を即時負荷とか即時荷重インプラントと呼びます。
左右の奥歯に順番に即時負荷インプラント治療を行った患者様です。
失ってしまった左下第一大臼歯相当部位に行いました。
最終的な被せ物が入り噛み合わせもしっかりとなじんできました。
術前              治療終了後
0000000766076_Panorama_20090419013128.jpg 0000000766Panorama_2009070116272978.jpg
術前レントゲン         術後レントゲン
0000000766076_Panorama_20090325152419.jpg 0000000766Panorama_20090701162729564.jpg
全ての症例で即時負荷が可能な訳ではありませんが、骨質、骨量、植立時のトルク、PTV値を参考に、条件が整えば手術と同時に咬む事も可能です。
手術の日のに仮の歯が入るという事は患者様の喜びが大きい様です。
患者様の要求と材料や術式の進歩により、徐々に即時負荷傾向に向かう様です。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年7月2日  カテゴリー:症例vol.11, インプラント

ページトップへ