歯根破折→インプラント(2)

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯根破折していた歯を抜歯→ソケットプリザベーション→インプラント埋入を行っていた患者様です。
左下第二大臼歯歯根が破折しておりました。
000000212721_Panorama_20090106045434.jpg
ソケットプリザベーション(抜歯窩の温存の一例)後には十分な骨が出来ており、埋入後も経過良好で先日被せ物が入りました。
術前              術後
000000212721_Panorama_20090311041757.jpg 000000212721_Panorama_20090619043314.jpg
術前              術後
0000002127563_Panorama_20081022161221_02.jpg 000000212721_Panorama_20090619094144.jpg
咬合面            プラットフォームスウィッチング
000000212721_Panorama_20090619043253.jpg 000000212721_Panorama_20090618225858.jpg
咬む力の強い男性でご自身の歯根も割れてしまった経緯があり、また、前の歯が金合金であったため、患者様のご希望も合わせて金合金で作製させていただきました。
金合金は適度に摩耗してくれるのでインプラント体と相対する歯にも負担が少なく、噛み合わせに優しいと言えます。
プラットフォームスウィッチ(シフト)を行い歯肉の厚みを確保することで複数回の手術を防ぎます。
日々の臨床において、歯を失う原因としては、虫歯、歯周病についで歯根破折が多いように感じられます。神経を残す、ファイバーコアを用いる、強い接着材料を用いるなど、なるべく歯根が折れる事の無いような治療法を心掛けております。いざ歯根破折してしまったら、周囲の歯を犠牲にする事無く、サポートする役目もあるインプラント治療でリカバーするのが理想的であると考えております。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年6月22日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.11

ページトップへ