ダイレクトボンディングで前歯すっきり

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
かなり以前に施された前歯の修復処置部位の審美障害を主訴に来院された患者様です。
特に前歯二本の変色が目立ちます。今回は、範囲が比較的せまかったのが幸いした事と保険治療を希望なさったためコンポジットレジンのダイレクトボンディング法で対処させていただきました。
もう少し広範囲に渡り今後の再治療を避けたい場合はラミネートベニアなどのボンデットポーセレンレストレーションが適応となります。
術前              術後
000000116171_IntraOral_20090327223642.jpg0000001161171IntraOral_20090327223642089.jpg
シェードが比較的合わせやすかったのと、形態的には近心の豊隆を強調したので自然観のある審美性を獲得する事ができ、患者様の審美障害の改善に成功しました。
勤務医には保存修復科の先生もいるため、最新の材料やテクニックなどを取り入れながら患者様の様々なニーズにお答えしてゆきたいと思います。
ダイレクトボンディング法は低浸襲で美しさを獲得できる優れた方法であると思います。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年3月31日  カテゴリー:審美歯科治療

ページトップへ