シチリアワイン

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
最近はまっている物にシチリアワインがあります。
みなさんシチリアと聞いて何を思い浮かべますでしょうか。
エトナ火山?ゴッドファーザー?マフィア?アグリジェントに代表される古代遺跡?
もちろんそれらもそうですが、乾いた大地、降り注ぐ太陽、ワインが美味しくない訳がありません。シチリアにも固有の葡萄品種がありネロ・ダヴォラという品種が赤では有名です。
プラネタというメーカーのものは比較的流通しており購入しやすいと思います。
今回はGULFIのRossojbleo(ロッソイブレオ)2007を開けました。ネロ・ダーヴォラ100%です。エッジにガーネット色を帯びた濃い紫色でまだ若く若干の微発砲感を伴うフレッシュさもあり南イタリアの風が吹いてくる様でした。これは少し前に開けた物ですが、CANTINE COLOSI のネロ・ダヴォラ2007も同様にローズ、カシスの香りなどもしいけました。
Rossojbleo 2007     COLOSI ネロ・ダヴォラ2007  
IMG_5265.jpg IMG_5266.jpg
時間が出来たら南イタリア、シチリア、ギリシャなどゆっくりと旅してみたいものですが、現実には無理そうなので、しばらくはイタリアワインとイタ飯で我慢ですね。
15年程前シチリア島 アグリジェントにて
img00098276.jpg agrigento098122.jpeg
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年3月15日  カテゴリー:ワイン

ページトップへ