小児矯正

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
小児の歯列不正の治療法は、歯列を含む歯槽骨を健康な状態に導いてあげる咬合誘導が主体となります。また、下顎前突症例においては習慣性のものであっても骨格性に以降する危険性もありますので側方歯群の交換期が介入の一つの目安となります。
以前上唇小帯の高位付着の治療方として「怖くない小帯切除」としてご紹介した方です。
以前にすいている歯の真ん中に正中過剰歯という余分な歯があった事と(今は抜歯済)、上唇小帯の高位付着の為に正中離開、叢生、捻転などがあり、上顎歯列の劣成長気味で下顎前突傾向もありました。先ずは矯正治療に先立って小帯切除を行いました。全く痛くなかったとの事でした(麻酔はちょっぴり痛かったよ、とのこと)。
右側方面観            左側方面観
0000002006812_Panorama_20081113071102.jpg 0000002006812_Panorama_20081113071110.jpg
上顎前歯部の捻転があり劣成長気味でいわゆる受け口の状態になっています。
ファンタイプ床拡大装置
0000002006812_Panorama_20081109030712.jpg
歯列弓の拡大(ファンタイプ)と捻転や転位を改善できます
装置装着時正面観        装置装着時咬合面観       
0000002006812_Panorama_20081113070825.jpg 0000002006812_Panorama_20081113070902.jpg
術前              現在
0000002006812_Panorama_20081113071008.jpg 0000002006812_Panorama_20090221222414.jpg
反対咬合が改善されました。
術前              現在
0000002006812_Panorama_20081113071035.jpg 0000002006812_Panorama_20090221222446.jpg
上顎歯列弓が拡大され、捻転、転位も改善され理想的なアーチになりつつあります
混合歯列期(乳歯と永久歯の混在した時期)においては外側にブラケットやワイヤーなどの矯正器具を付けての治療は困難であったり、後に永久歯の抜歯の確率が高まることもあります。第一大臼歯の萌出程度などに左右されますが舌側弧線装置(3DL等)やこのような床矯正装置が咬合誘導の面からも有利で非抜歯矯正(歯を抜かない治療)へと導いてくれます。
今回は床矯正装置で、ファンタイプの拡大をこちらで少しずつ行い歯列弓の拡大と、断線による叢生や捻転の改善を行っております。まだ途中ですが被蓋関係は改善され劣成長気味だった上顎歯列の発育が促され、捻転などの個々の歯の歯列不正も改善されました。
今後は側方歯群の萌出を待って必要に応じて仕上げの矯正をマルチブラケットにて行う予定です。
今回は矯正治療によって歯列不正が改善される事で、口腔への意識も高まりプラークコントロールもよくなり歯肉の状態も良くなって行きました。
歯列不正は虫歯、歯肉炎そして後に歯周炎の要因ともなります。歯列不正でお悩みの方、先ずは担当の先生の診査を受け治療方法、期間、値段などをお気軽にご相談下さい。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年3月3日  カテゴリー:歯列矯正治療

ページトップへ