インプラントによる機能回復

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
左上大臼歯部を失ってしまった患者様の機能回復をインプラントにて行いました。
サージカルステントによって理想的な位置に埋入できたので、補綴物も理想的な咬合関係を得る事が出来ました。
術前              術後
000000158134_Panorama_20071215102326.jpg 000000158134_Panorama_20090305193419.jpg
術前              アバットメント装着時
000000158134_Panorama_20081128041658.jpg 000000158143_Panorama_20090306071106.jpg
補綴物装着後
000000158134_Panorama_20090306071038.jpg
この患者様のように大臼歯部を失ってしまうと従来は入れ歯による機能回復という方法しかありませんでした。まだ40代の患者さまですので今後数十年にわたり取り外し式の入れ歯を使って行くのは辛い物があるとのことでした。今回はインプラントにより奥歯の機能回復を達成できました。入れ歯に抵抗感や不具合を感じていらっしゃる患者様は少なくありません。一度お気軽にご相談下さい。
インプラント30分無料カウンセリング
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年3月8日  カテゴリー:症例vol.9, インプラント

ページトップへ