[2009.03.31] 
最新情報
ダイレクトボンディングで前歯すっきり

仙田歯科医院紹介動画

新着情報

新着情報:2009年03月分

« 2009年02月 | | 2009年04月 »

2009年03月31日:ダイレクトボンディングで前歯すっきり

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
かなり以前に施された前歯の修復処置部位の審美障害を主訴に来院された患者様です。
特に前歯二本の変色が目立ちます。今回は、範囲が比較的せまかったのが幸いした事と保険治療を希望なさったためコンポジットレジンのダイレクトボンディング法で対処させていただきました。
もう少し広範囲に渡り今後の再治療を避けたい場合はラミネートベニアなどのボンデットポーセレンレストレーションが適応となります。
術前              術後
000000116171_IntraOral_20090327223642.jpg0000001161171IntraOral_20090327223642089.jpg

シェードが比較的合わせやすかったのと、形態的には近心の豊隆を強調したので自然観のある審美性を獲得する事ができ、患者様の審美障害の改善に成功しました。
勤務医には保存修復科の先生もいるため、最新の材料やテクニックなどを取り入れながら患者様の様々なニーズにお答えしてゆきたいと思います。
ダイレクトボンディング法は低浸襲で美しさを獲得できる優れた方法であると思います。

Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月30日:歯根破折→インプラント

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯が神経を失うと補綴処置を施したとしても歯根破折の危険性は増します。
個々の歯によって神経を取らざるを得なかった原因はいろいろ考えられますが、歯質の切削を伴うので歯質の切削量が増えれば破折の危険性も一般的には増します。噛み合わせや歯の位置や修復、補綴方法など多数の要素に左右される為一概には言えませんが。
今回の患者様は失活歯が歯根破折を起こしておりました。他院において昨年数ヶ月かけて根管治療や補綴処置をおこなったにも関わらず咬んだ時の痛みが治まらなかったとの事で来院なさいました。当院において歯根破折の恐れもある事をと抜歯の可能性も含む事をご説明した上で再根管治療を行いました。その後仮の歯でしばらく様子を見ておりましたが症状は軽減するも完治はしませんでした。患者様も保存不可能な事に納得され抜歯してインプラントする事を希望なさいました。
歯根破折(ひびが確認できます)  埋入時咬合面観
0000002127563_Panorama_20090106045423_02.jpg 0000002127563_Panorama_20090320042101.jpg

初診時レントゲン写真       埋入後レントゲン写真
0000002127563_Panorama_20081022161221_02.jpg 0000002127563Panorama_20090319161724.jpg

抜歯時にはソケットプリザベーション(抜歯窩の温存)を行い数ヶ月間骨の成熟を待ちました。
埋入は角化歯肉が十分にあったこともあり無切開無剥離、フラプレスで行いました。
インプラント体はφ5.0mm長さ11.5mmのHAコーティングインプラントを用いました。バイオインテグレーションを期待し2ヶ月程待ってから補綴処置を行う予定です。
埋入後はほとんど痛みと腫れも無く、左側の顎の下にあるリンパが数日間少し腫れたような感じがあったとおっしゃっておりましたが今は落ち着いております。
根管治療後に鈍痛や咬んだ時の痛みが残る場合や、突然痛んで来た失活歯がある場合、歯根破折が起きている状態かもしれません。残念ながら破折してしまうと保存不可能となってしまいますので、早めに担当医に相談しましょう。

Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月29日:ヤッターマン

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
今日は映画「ヤッターマン」を見て来ました。
最近のCG は凄いですね。実写といっても何だかアニメか何かを見ている様でした。何でも出来ちゃう、何でもありという感じ。昔特撮なんてものがありましたが手作りですからあれはあれで凄かったんだなーと思います。
小学生くらいの時に欠かさず見ていたので懐かしいシーンの連続で何度も思い出し笑いをしてしまいました。偶然後ろの席に優しい先輩であるT先生ご家族が座ってらっしゃりびっくりしました。意外な場所でお会いでき嬉しかったですが、偶然てあるもんですね。
sanaku.gif


 それと今日は朝から歯科医院の定期清掃を行いました。床がピカピカになり気持ちいですよ!来院時に確かめてみて下さい、お待ちしております。
IMG_5329.jpg

今週末はお花見でもと思っておりましたが、まだまだでしたね。
日中はは小春日和の陽気でしたが夜には冷え込み夜桜も少し寒そうでした。
IMG_5378.jpg


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月27日:ガイデッドサージェリーで機能回復

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
コンピューターガイデッドサージェリーの手法を用いて機能回復をさせて頂いた患者様です。
両側の臼歯部を失ってしまいしばらくそのままだったので、前歯にも負担が来て歯がとれてしまった事を機会にインプラント治療を希望されての来院でした。
CTとCT解析ソフトi CATそして i CATサージカルガイドを用いてインプラント手術を行いました。
i CAT診断ソフトによる診断    I CATサージカルガイド
000000186808965342_Panorama_20080801031421.jpg 000000186808967553_Panorama_20080801033928.jpg

初診時正面観           術後正面観
0000001868786_Panorama_20080514034631.jpg 0000001868786534.jpg

初診時咬合面観          術後咬合面観
0000001868786_Panorama_20080514034744.jpg 0000001868786_Panorama_20090324043741.jpg

初診時レントゲン         術後レントゲン
000000186856_Panorama_20080425152256_02.jpg 000000186878656438.jpg

ご旅行好きな患者様で日本を留守にされる事も多く、仮の歯の時期が比較的長い状態でした。最終的なセラミクスが入ったら「なんこつ」を食べてみたいとおっしゃっていたのが印象的でした。是非ともトライして頂きたいです。近々ヨーロッパに旅立たれる予定とのことでその前に召し上がってください!
 臼歯部を失うと食事が制限を受けるだけでなく、前歯にも悪影響を与え、噛み合わせが崩壊しかねません。入れ歯に抵抗があったり入れ歯が合わないかたにおいて、欠損を補い機能回復を行う為にはインプラント治療が最適であると思われます。
奥歯で何でも咬める喜びをもう一度味わっていただく為に。
コンピュータガイデッドサージェリーを用いれば患者様に低浸襲で確実な治療が行えます。

Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月25日:桜

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
河津桜、大寒桜、ソメイヨシノ、しだれ桜、山桜、、、30歳を過ぎた頃から桜が大好きになっていました。
弘前城(青森県)の桜祭りで見た辺り一面の見事な桜は今でも忘れられません。
0897687hirosaki201.jpg


近所の桜もほころびはじめました。
IMG_0751-thumb-300x225-202.jpg IMG_5289.jpg

今年も開花時期が早まり、満開の時も早く迎えそうです。
今週末あたりお天気次第ですがお花見にいいかもしれませんね。
週間天気予報では、晴れ時々曇りまたは曇りとなっておりますので、家族で出かけてみようかと思います。ビールとお団子でも持って。
IMG_0737-thumb-300x225-204.jpg


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月24日:審美障害→メタルフリー修復

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
前歯に金の詰め物が入っており審美歯科治療を希望された患者様です。覚えていないくらいかなり昔に治療なさったとの事でした。金の詰め物を外し、感染根管治療を行いました。その後ファイバーポストコアで築造し、オールセラミクスクラウンにて修復しました。
右上側切歯にゴールドインレー  シェードテイキング時
0000000411570894_Panorama_20090107221331.jpg 0000000411574_IntraOral_20090311223607.jpg

術前             術後
0000000411570089894_Panorama_20090107221331.jpg 0000000411574_IntraOral_20090320054310.jpg

先日は左上の前歯二本をオールセラミクスクラウンで修復させていただきましたので前歯がそろって奇麗になりました。
オールセラミクスクラウンやファイバーコアを用いたメタルフリー修復は自然感のある審美性を獲得する事が可能です。ご興味のあるかたは、一度気軽にご相談下さい。

Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月23日:インプラントマスターセミナー2日目

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
昨日22日(日)は、金曜に続いてお茶の水EBM臨床研究会のインプラントマスターセミナーでした。GBRやサイナスリフトなどを主体に、補綴関連の実習なども行いました。
フリーのCT解析ソフトであるOsiriX(オシリックス)の講義もあり、現在アイキャットを導入しておりますが、なんせフリーソフトですからこちらも導入しようと思います。ちょうどマックユーザーですし、こんな時でもなければメリットがありませんから。
細菌検査やOsiriXの講義を行う土岡先生
IMG_5293.jpg

最後に皆で記念撮影を行いました。ついでに講師の先生方とご一緒していただきました。
土岡先生、阿部先生と     代表の依田先生と
IMG_5328.jpg IMG_5327.jpg

土岡、阿部両先生も歯周病専門医で同年代でありとても親近感が湧きました。お二人ともとても努力されている先生方なので大変刺激を受けました。
そして講義はまじめ!普段は楽しい!依田先生、懇親会でお聞きしたプロフィールがちょっと私に似ていてこちらも親近感。お茶の水EBM臨床研究会、今後も引っ張っていってもらいますね。
3連休でたっぷり楽しまれた方々に負けないくらいに私も充実した二日間でした。これからもがんばります!!
IMG_5325.jpg

Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月20日:お茶の水EBM臨床研究会

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
本日20日(金)と22日(日)はお茶の水EBM臨床研究会のインプラントセミナーです。
プライベートコースで6人という少人数制のコースです。今回はインプラントマスターセミナーという事で、ノーベルのスピーディーやアクティブ、そして概念としてはストローマンのSLアクティブやアストラの新製品stcなど最新のトレンドを学ぶことがトピックスです。
本日は朝10時から6時まででした。せっかくの休みに家族には申し訳ない申し訳ないと思いながら、休みにセミナーに参加したからにはと全力で学んできました。
雨に霞むお茶の水   会場近くの神田明神
IMG_5273.jpg IMG_5274.jpg

この辺の風景は学生時代をこの街で過ごした私にとって青春の1ページ、ちょっと泣きそうなくらいの懐かしさでした。
Dr.依田のレクチャーです。今日は初日でベーシックなので正にエビデンスに基づいた基礎を改めて学ばせていただきました。
IMG_5276.jpg IMG_5278.jpg

今日は豚の顎骨がアクシデントで入手できなかったとの事(顎骨周辺の歯肉が全て剥離切除されてしまっていたとのこと)。ざんねんながら豚のげんこつでの実習。これもまた楽し。豚さんありがとう、一生懸命がんばったよ!
IMG_5284.jpg

6時から懇親会でした。皆さん土曜もお仕事なので時間の制約もあるなかで、盛んに情報交換をさせていただきました。Dr.依田をはじめEBMのみなさん、これからもよろしくお願いします!とりあえず日曜家族にはごめん、そして、またがんばります、全ては患者様のハッピーの為に!!!
お茶の水EBMのハッピーな先生方
IMG_5285.jpg

Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月19日:インプラント手術のお知らせ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
本日19日(木)は午後15時よりインプラント手術を行います。
午前中と午後17時からは通常通りに診療を行っております。
手術中は電話での対応とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。
IMG_5138.jpg


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月18日:プチプチ矯正

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
抜けた歯を放置したり詰め物や被せ物が脱離したままにしておくと、その隙間に向かって歯が動いてしまいます。
右下の第一小臼歯の被せ物が外れてしまいしばらくそのままになっていた患者様です。
外れた手前の犬歯が隙間に向かって倒れ込み、前歯との間に隙間が開いてしまいました。
術前             仮の歯を装着
0000001936190_Panorama_20081031062500.jpg 0000001936190_Panorama_20081031062533.jpg

脱離してしまった歯の補綴治療を希望なさり、その際に犬歯と側切歯との間のスペースをふさいでほしいとのことでした。
こういった場合は大げさな矯正治療や手前の歯の修復治療などは必要ありません。
仮の歯を入れて、歯と歯の間に矯正用のセパレートリング(Oリング)を入れておくだけで犬歯は起きてくれます。
犬歯と側切歯のスペースが閉じて落ち着いた状態で型取りをして被せ物をしました。
ハイブリッドセラミクスによる補綴処置を行いました。
Oリング挿入           補綴処置後
0000001936190_Panorama_20081031062414.jpg 00000019361090Panorama_20090319052955.jpg

開いてしまったスペースをちょっとした矯正処置で塞ぐ事が出来、審美的な補綴物が入り本来の環境を取り戻す事が出来ました。
隙間が開いたまま被せてしまうと食べ物が挟まり虫歯や歯周病の原因となります。なるべく歯と歯の接触点は緊密であることが望まれます。
補綴処置の前の一工夫で歯や補綴物の寿命が左右されます。隙間が開いていたり気になる事があるようでしたら是非担当医にご相談下さい。


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月16日:抜歯待時インプラント埋入その後

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯根破折歯を抜歯しソケットプリザベーション後抜歯待時インプラント埋入を行った患者様です。
周囲の歯も含めて審美機能両面で良好な結果を得る事が出来ました。
術前              術後
奥から2番目の歯を抜歯して欠損部位単独でインプラント補綴を行いました。
前後は金属の修復物をセラミクスにて再修復しました。
000000203046_IntraOral_20080827221424.jpg 0000002030241_IntraOral1432871.jpg

ソケットプリザベーション
000000203046_IntraOral_20080827231614.jpg

残念ながら抜歯となってしまた歯の補綴方法には、入れ歯、ブリッジ、インプラント等があります。今回は患者様がインプラントを選択なさいました。元々失活歯が歯根破折を起こしてしまった事が歯を失う原因であった事もあり、インプラント治療がベストな選択であったと思われます。自然な審美性も得られ、機能面でも違和感を感じる事無く使っていただいております。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月15日:シチリアワイン

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
最近はまっている物にシチリアワインがあります。
みなさんシチリアと聞いて何を思い浮かべますでしょうか。
エトナ火山?ゴッドファーザー?マフィア?アグリジェントに代表される古代遺跡?
もちろんそれらもそうですが、乾いた大地、降り注ぐ太陽、ワインが美味しくない訳がありません。シチリアにも固有の葡萄品種がありネロ・ダヴォラという品種が赤では有名です。
プラネタというメーカーのものは比較的流通しており購入しやすいと思います。
今回はGULFIのRossojbleo(ロッソイブレオ)2007を開けました。ネロ・ダーヴォラ100%です。エッジにガーネット色を帯びた濃い紫色でまだ若く若干の微発砲感を伴うフレッシュさもあり南イタリアの風が吹いてくる様でした。これは少し前に開けた物ですが、CANTINE COLOSI のネロ・ダヴォラ2007も同様にローズ、カシスの香りなどもしいけました。
Rossojbleo 2007     COLOSI ネロ・ダヴォラ2007  
IMG_5265.jpg IMG_5266.jpg

時間が出来たら南イタリア、シチリア、ギリシャなどゆっくりと旅してみたいものですが、現実には無理そうなので、しばらくはイタリアワインとイタ飯で我慢ですね。
15年程前シチリア島 アグリジェントにて
img00098276.jpg agrigento098122.jpeg


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月14日:上海チキン 小閣楼

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
大塚駅南口を出て細い路地を進むと、上海チキン 小閣楼 があります。
そこは香港映画に出て来そうな雰囲気のある中華料理屋さんです。一階と、吹き抜けの二階があります。ジャッキーチェンがカンフーで相手をやっつけ、二階から手すりを壊して落っこち下のテーブルがまっ二つになりそうな雰囲気です。
先日スタッフと行って来ました。
これが上海チキン 一羽 です。大体4人前位でしょうか。皮はぱりっとしていて、中はジューシーです。スモークしてあるのか香りも良く大変美味しいです。是非お試しください。
IMG_5197.jpg

実は勤務医のDr.Tの送別会的な飲み会でした。といっても公務で一ヶ月程離島診療に行くので、5月にはまた戻って来てくれますのでDr.Tのファンの患者様はご心配なく。
そして昨日は Dr.Tの大学病院の上司であり、私の20年来の友人である俊樹先生も後から駆けつけてくれました。美味しいチキンを食べながら紹興酒を傾け楽しい時間を過ごしました。
IMG_5198.jpg

彼は数少ない日本歯科保存学会専門医であり、低浸襲で歯を修復するプロです。臨床も上手で、論文も精力的に書いており時々読んで勉強させてもらっています。彼は学生時代バレーボール部のキャプテンで私も某クラブのキャプテンでした。いい意味でお互いが刺激になっていた様に思います。当時はクラブの事、臨床実習の苦労、将来の事などを語りながら良く飲んだものです。昨夜も良く飲みまして、すっかり酔眼となった私でした。安岡力也似のお店のおじさんが面白い人で、お世話になっているうちのスタッフと一緒に皆で写真を撮りました。
IMG_5200-thumb.jpg IMG_5201-thumb.jpg

しかし私は本当にアホズラしてますね、、、。

Dr.T気をつけて行ってらっしゃい。そして元気に帰って来てね!
IMG_5201_2.jpg


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月11日:動く義歯をインプラントで固定

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
下の顎に入る総入れ歯は一般的に動いてしまい咬みにくいものです。
上あごの入れ歯は吸盤のように吸い付きますが、下の場合馬蹄形で顎堤の上にちょこんと乗っているイメージで、舌もあるので動きやすく外れやすい訳です。
下の入れ歯を安定させる方法はいくつかあります。1、入れ歯の大家にお世話になる。2、義歯安定剤に頼る。3、インプラントを用いる。
今回は3のインプラントを応用しました。吸収の進んでしまった顎堤の制約もあるので最小限に二本のインプラントとマグネットデンチャーによる計画をたてました。
術前            インプラントとマグネットキーパー
000000203661_Panorama_20081114040704.jpg 000000203651_Panorama_20090225012348.jpg

初診時レントゲン        現在のレントゲン
000000203680_Panorama_20080806165419.jpg 000000203651_Panorama_20090209175646.jpg

口腔内写真          義歯の内面
000000203651_Panorama_20090225012319.jpg 000000203651_Panorama_20090307001857.jpg

患者様は初診時残る歯全てがぐらぐらで抜歯に至り、安定しない義歯で苦労なさいました。今では動く義歯もインプラントとマグネットアタッチメントによってピタッと安定し食事にも苦労しなくなったと喜んでおられました。顎堤(歯槽骨)がより残存していればインプラントの埋入本数を増やして固定式の義歯も可能になる場合もあります。骨の状態やご予算に応じた設計をさせていただきます。
安定しない義歯でお悩みの方、インプラントで解決できるかもしれませんのでご相談下さい。

インプラント30分無料カウンセリング


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月10日:診療時間変更のお知らせ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
11日(水)は休日応急診療医研修会出席のため、午後の診療は19:00で終了となります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。

豊島区歯科医師会休日応急診療
kyujitu_r6_c3.jpg

Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月09日:診療時間変更のお知らせ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
10日(火)は豊島区歯科医師会役員会出席のため、午後の診療は19:15分で終了となります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。
IMG_5125-thumb.jpg


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月08日:インプラントによる機能回復

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
左上大臼歯部を失ってしまった患者様の機能回復をインプラントにて行いました。
サージカルステントによって理想的な位置に埋入できたので、補綴物も理想的な咬合関係を得る事が出来ました。
術前              術後
000000158134_Panorama_20071215102326.jpg 000000158134_Panorama_20090305193419.jpg

術前              アバットメント装着時
000000158134_Panorama_20081128041658.jpg 000000158143_Panorama_20090306071106.jpg

補綴物装着後
000000158134_Panorama_20090306071038.jpg

この患者様のように大臼歯部を失ってしまうと従来は入れ歯による機能回復という方法しかありませんでした。まだ40代の患者さまですので今後数十年にわたり取り外し式の入れ歯を使って行くのは辛い物があるとのことでした。今回はインプラントにより奥歯の機能回復を達成できました。入れ歯に抵抗感や不具合を感じていらっしゃる患者様は少なくありません。一度お気軽にご相談下さい。
インプラント30分無料カウンセリング


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月06日:一本の歯を残す努力

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
患者様の立場としては、どうしてもこの歯を残したい、歯周病などで溶けてしまった骨を元に戻したいと願うのは当然であります。歯周病専門医ですと重度歯周炎の治療など他院から紹介を受ける事もあります。吸収した歯槽骨再生の依頼を受けました。
先ずは歯周組織再生の前に感染根管治療を行いました。術前はもっとパンパンに腫れておりました。
根管治療直後          手術前
0000002206078_IntraOral_20090225061247.jpg 0000002206078_IntraOral_20090304053622.jpg


根管治療前           根管治療後
0000002206078_IntraOral_20090110102555.jpg 0000002206078_IntraOral_20090218175851.jpg

根管治療によって腫れなどの炎症は消退しました。骨の不透過像も僅かに改善傾向にありました。しかしこれでめでたしめでたしではありません。歯周組織を再生しなければなりません。まだ歯周ポケットは5mm程残存しております。
案の定フラップを開けると歯槽骨は分岐部から遠心根根尖にかけて吸収しておりました。セメント質もおそらく壊死している事が予想されました。そこで歯周組織誘導材料のエムドゲインの登場です。エムドゲインはリゲ○ンの様に飲み物ではありませんし、ドモ○ルンリンクルのような化粧品でもありません。失われた歯周組織の再生材料です。骨欠損と歯根面に塗布する事でセメント質、歯根膜、歯槽骨を再生してくれる唯一の材料です。
エムドゲインゲル(エナメルマトリクスデリバティブ)
0000002206078_IntraOral_20090304012304.jpg

骨欠損内を徹底的に廓清し、壊死セメント質を除去しエムドゲインを塗布します。
骨欠損の廓清          仮縫い
000000220678_IntraOral_20090304060138.jpg 0000002206078_IntraOral_20090304061231.jpg


エッチング後エムドゲイン塗布  縫合と仮の歯装着
000000220078_IntraOral_20090304061311.jpg0000002206078_IntraOral_20090304062422.jpg


今後歯周組織の再生を臨床所見とレントゲンから経過を観察して行く予定です。
予後不良歯は抜歯してインプラントという潮流が出来上がりつつある様ですが、患者様が臨む事は残せる歯であれば残したいという事に尽きます。
確かにホープレスやプアの予後不良歯を無理矢理残すのはトータルではマイナスとなる事もあります。しかしなんとかなる可能性があり患者様が強く望むのであれば、その一本の歯を残す努力は惜しみません。

院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月05日:診療時間変更のお知らせ

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
3月6日(金)は豊島区歯科医師会保険委員会出席のため
診療時間を午後19:00までとさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。


Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2009年03月03日:小児矯正

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
小児の歯列不正の治療法は、歯列を含む歯槽骨を健康な状態に導いてあげる咬合誘導が主体となります。また、下顎前突症例においては習慣性のものであっても骨格性に以降する危険性もありますので側方歯群の交換期が介入の一つの目安となります。
以前上唇小帯の高位付着の治療方として「怖くない小帯切除」としてご紹介した方です。
以前にすいている歯の真ん中に正中過剰歯という余分な歯があった事と(今は抜歯済)、上唇小帯の高位付着の為に正中離開、叢生、捻転などがあり、上顎歯列の劣成長気味で下顎前突傾向もありました。先ずは矯正治療に先立って小帯切除を行いました。全く痛くなかったとの事でした(麻酔はちょっぴり痛かったよ、とのこと)。
右側方面観            左側方面観
0000002006812_Panorama_20081113071102.jpg 0000002006812_Panorama_20081113071110.jpg


上顎前歯部の捻転があり劣成長気味でいわゆる受け口の状態になっています。
ファンタイプ床拡大装置
0000002006812_Panorama_20081109030712.jpg


歯列弓の拡大(ファンタイプ)と捻転や転位を改善できます
装置装着時正面観        装置装着時咬合面観       
0000002006812_Panorama_20081113070825.jpg 0000002006812_Panorama_20081113070902.jpg


術前              現在
0000002006812_Panorama_20081113071008.jpg 0000002006812_Panorama_20090221222414.jpg


反対咬合が改善されました。
術前              現在
0000002006812_Panorama_20081113071035.jpg 0000002006812_Panorama_20090221222446.jpg

上顎歯列弓が拡大され、捻転、転位も改善され理想的なアーチになりつつあります
混合歯列期(乳歯と永久歯の混在した時期)においては外側にブラケットやワイヤーなどの矯正器具を付けての治療は困難であったり、後に永久歯の抜歯の確率が高まることもあります。第一大臼歯の萌出程度などに左右されますが舌側弧線装置(3DL等)やこのような床矯正装置が咬合誘導の面からも有利で非抜歯矯正(歯を抜かない治療)へと導いてくれます。
今回は床矯正装置で、ファンタイプの拡大をこちらで少しずつ行い歯列弓の拡大と、断線による叢生や捻転の改善を行っております。まだ途中ですが被蓋関係は改善され劣成長気味だった上顎歯列の発育が促され、捻転などの個々の歯の歯列不正も改善されました。
今後は側方歯群の萌出を待って必要に応じて仕上げの矯正をマルチブラケットにて行う予定です。
今回は矯正治療によって歯列不正が改善される事で、口腔への意識も高まりプラークコントロールもよくなり歯肉の状態も良くなって行きました。
歯列不正は虫歯、歯肉炎そして後に歯周炎の要因ともなります。歯列不正でお悩みの方、先ずは担当の先生の診査を受け治療方法、期間、値段などをお気軽にご相談下さい。

Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る