歯が割れてしまったら、、、

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
硬い物を咬んだら歯がバキッと割れてぶらぶらになってしまったという緊急の電話を受けました。歯自体の痛みはなく、ぶらぶらになった所が動くと歯肉が痛むとの事でした。
おそらく失活歯(神経を抜いた歯)で歯冠が割れてしまった事が予想されました。
その割れている範囲によって保存できるか抜歯になるか分かれ目になります。
緊急で初診の患者様が到着するまでの間にいろいろと心配したり対処方を考えながら予約の患者様の治療に当たっておりました。
そして患者様到着です。
破折片除去後              
000000220931_IntraOral_20090131224434.jpg
修復後
00000022093123_IntraOral2009021222593.jpg
幸い歯根はなんとか無事で保存可能と判断しました。ぶらぶらの部分を除去して仮の歯を作ったり、心棒の型取りなどの緊急処置を行いました。
ファイバーコアを用いて心棒を立てて、オールセラミクスクラウンで補綴処置を行いました。
初診時レントゲン  シェードテイキング
000000220931IntraOral_20090106121213.jpg 000000220931IntraOral_20090212225930.jpg
破折線が骨縁上で止まってくれたのが幸いでした。今後歯根が割れにくいようにファイバーコアを使わせていただいき、セラミクスによるメタルフリー修復を行いました。
技工士さんの作ったキャラクタライズされたセラミクスを患者様は大変喜んでおられました。そして私も調整、セットしながら感動しておりました。まさに芸術作品といえる仕上がりの美しいセラミクスでした。
あってほしくはないですが、万一歯が割れてしまったら極力保存を目指します。そしてアーティストの作製するこのような美しいセラミクスを生かせるよう私も努力します。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年2月24日  カテゴリー:審美歯科治療

ページトップへ