失活歯の漂白

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
神経を失った歯は、経年的に変色します。歯髄腔内と象牙細管内に残った神経の一部や血液の成分などが変質し変色の原因となります。先ずはしっかりと根管治療をやり直し、歯髄腔内を奇麗にし、漂白を行います。何度かご紹介しているいわゆるウォーキングブリーチ法です。
左側の一番前の歯が失活歯で徐々に変色していったそうです。特に歯ぐきよりの半分が濃く変色しています。根管治療後漂白を行いました。その後変色したコンポジットレジンを再充填したり、数カ所に存在するくさび状欠損(歯の付け根がえぐれてしまい知覚過敏を伴う事が多いです)も充填処置を行いました。
術前             術後
000000207591IntraOral_20081005031503.jpg 000000207591_IntraOral_20090208033418.jpg
右上の一番前の歯と遜色無い程自然な白さを取り戻す事が出来ました。
ウォーキングブリーチもホワイトニングも保険適応外の自費治療です。歯質の残りが多ければ浸襲が少なく自然の審美性を回復できる方法です。しかし、死活歯で歯質のダメージが大きい場合は補綴の必要性が出てくる場合もありますので、症例に応じて治療計画をさせていただいております。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年2月17日  カテゴリー:審美歯科治療

ページトップへ