歯が長くなる前に…

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯周病は、歯のばい菌が歯肉の溝から侵入し歯肉を剥がしてしまいます。
付着喪失といいます。それに伴い歯肉がやせる歯肉退縮が起こります。
その後、歯槽骨が吸収し、歯がグラグラし、最後には抜けて行きます。
付着喪失や歯肉退縮、歯槽骨吸収、歯の廷出などによって、歯が長くなったように見えます。
実際に歯周病が進行し今にも前歯が抜けそうな状態の写真です。
00000017492929_Panorama_20080215225204_2.jpg
歯周病の治療後に起こる弊害にこの歯が長くなってしまう事が挙げられます。
炎症のある腫れた歯肉にスケーリング・ルートプレーニングと呼ばれる歯石を除去する処置を行っても起きます。むやみに切除的な歯周外科処置を行うとさらに歯根露出を起こし、知覚過敏や食物の停滞を招きます。
歯周病に罹患した歯の補綴処置を行った場合も長い歯になってしまいます。
歯周病で抜歯を行うと、なにぶん、歯肉をサポートする歯槽骨が無くなってしまうので大きく歯肉がくぼんでしまいます。
先ほどの写真は、今にも抜けそうな歯が痛んで咬む事も出来ずに来院されたOさんです。
ご自身も抜歯になる事を予想されていました。
初診時は歯の固定と噛み合わせの調整など行い何とか咬める状態にさせていただきました。
歯型を取っておいて次回に左の前歯を一本抜歯し、仮の歯を入れさせて頂きました。
初診時             抜歯直後
00000017492929_Panorama_20080215225204.jpg 00000017492929_Panorama_20080228232511.jpg00000017492929_Panorama_20080430225654.jpg 000000174933o_Panorama_20080516234851.jpg
ご覧いただいた通りに歯肉や歯槽骨を失った所に歯をお入れしますので、長い歯になってしまいます。写真撮影のため器具を付けお口を強制的に大きく開いていますので目立ちますが、日常生活ではここまでは見えませんので安心して下さい。
しかし、歯周病が進行してしまうと、治療に限界が有ります。
長い歯になってしまう前に歯周病の早期発見早期治療をお勧めします。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年1月27日  カテゴリー:歯周病治療

ページトップへ