ソケットリフト

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
先日のインプラント手術は骨の少ない上顎にソケットリフトをしながら埋入しました。
オステオトームでコンコンと上顎洞底を挙上しながら行いました。
術後レントゲンで後方のインプラント周囲を取り囲むようにβ-TCPの不透過像が確認できます。
術前レントゲン        術後レントゲン
0000000194695_Panorama_20081120164347_02.jpg 0000000194685_Panorama_20081218163352.jpg
術前             術後
0000000194685_Panorama_20081219033450-thumb.jpg 0000000194685_Panorama_20081220034251-thumb.jpg
歯槽骨頂が鋭利だったため切開剝離を行い歯槽骨整形を行ってから埋入しました。
術後多少痛みと腫れが出たとの事でした。抜糸した現在は症状も無く落ち着いた状態です。
通常より長めに3ヶ月程骨接合を待って上部構造を作製して行く予定です。春には入れ歯では無く固定性のブリッジとなるので楽しみにお待ちください、Iさん。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2009年1月13日  カテゴリー:症例vol.8, インプラント

ページトップへ