過蓋咬合の治療

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
2級2類上顎前突(過蓋咬合)を治療中のTさんです。
000000027220_Camera_20080123071445.jpg 0000000272100_Camera_20080520063526.jpg
000000027210_Camera_20080926061226.jpg 0000000272200_Camera_20080520064032.jpg
000000027230_Camera_20081022072521.jpg 0000000272300_Camera_20081106065637.jpg
000000027240_Camera_20081205064434.jpg 0000000272400_Camera_20081205064525.jpg
上顎歯列弓の扇状の拡大を行いスペースを作ってから前歯を並べ始めました。この間も下顎歯列弓は3Dリンガルアーチ(舌側弧線装置)で拡大中です。
だんだんと舌側傾斜していた中切歯が起き、辰側傾斜していた側切歯が入って来ており、V字型から奇麗なアーチに並んできました。
ぐんぐん動いて来ている事を実感できるようになったTさん、これからも楽しみですね。一緒にがんばりましょう!!
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2008年12月10日  カテゴリー:歯列矯正治療

ページトップへ