サージカルステント→ソケットリフト

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
右上大臼歯部を歯周病で失ってしまったIさんです。
インプラント治療を希望し来院なさいました。患者様の都合でインプラントが決定してからしばらく間が空きましたが、先日無事手術が終わりました。
第1大臼歯部は約10mm、第2大臼歯部は約8mmの骨幅でした。
噛み合わせの適切な部位に予想ワックスアップしてサージカルステントを制作し、骨の状態が良好であったためフラップレスでソケットリフトしながら埋入しました。
手前はほんの僅か、奥は2mm 程度ソケットリフトを行いました。
術前レントゲン         術後レントゲン
000000158120_Panorama_20080119162438.jpg 000000158120_Panorama_20081127171522.jpg
サージカルステント
000000158120_Panorama_20080120042234.jpg
術前        埋入直後       埋入2日後
000000158120_Panorama_20081128041702.jpg 000000158120_Panorama_20081128051448.jpg 000000158120_Panorama_20081130040355.jpg
CO2レーザーを用いてパンチアウトし、フラップレス(無切開、無剥離)で行ったので、術後の腫れ、出血、痛みは無かったとの事でした。翌々日に消毒に来ていただきましたが良好に治癒に向かっていました。埋入部位に痛みは有りませんでしたが、かなり奥の方に埋入したため、術中お口を大きく開いていただいたせいか唇が少し痛いとの事でした。大変もうしわけございませんでした。今後空気も乾燥し唇も乾く季節なので注意してオペや日頃の臨床に望みます。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2008年12月2日  カテゴリー:症例vol.8, インプラント

ページトップへ