変色歯の審美補綴

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
左上前歯の変色をなんとかしたいという患者様でした。
かなり前の外傷により歯が失活してしまい徐々に変色して行ったそうです。
術前              
000000195447_IntraOral_20080619070929.jpg
術後
000000195447_IntraOral_20081123042710.jpg
当初はウォーキングブリーチで対処させていただいておりましたが、残念ながらうまく行きませんでした。変色の原因が歯の中に埋め込まれたスクリューピンという金属の腐食、イオンの歯質への浸透だったので、少し薄くはなりましたがそこからなかなか進まずある日突然有らぬ色へ変色してしまいました。
そのため、補綴が必要となりました。先ずペリオプラスティックサージェリーを行い歯頚線をある程度そろえました。その後ファイバーコアで築造し、オールセラミクスクラウンを装着しました。金属による変色だったので今回の治療においてはメタルフリーで修復しました。
なかなか自然な仕上がりが得られたと思います。
ウォーキングブリーチの限界   ファイバーコア
000000195447_IntraOral_20080913052130.jpg 000000195447_IntraOral_20081115215827.jpg
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2008年11月25日  カテゴリー:審美歯科治療

ページトップへ