頬小帯の切除

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
小帯の付着位置異常は様々なトラブルの原因となります。
上唇小帯であれば正中離開を招いたり、舌小帯であれば舌の運動が制限され歯列の発育に影響を与える場合もあります。
頬小帯の高位付着によって、ブラッシングの妨げとなったり歯肉退縮を招く原因にもなります。
頬小帯の高位付着が原因で若干の歯肉退縮と根面露出を招き、歯肉と歯頚部のむずがゆさが起きたため来院なさった患者さんです。
放置するとさらに歯肉退縮と根面露出の進行と症状の悪化が予測されたので、症状を改善するためにも小帯切除を行う事にしました。
術前              術後
000000193087%E4%B8%80_Panorama_20080712031516.jpg 000000193087_Panorama_20080712032619.jpg
術後2週経過時点
000000193087Panorama_20080731220722.jpg
レーザーで処置を行いました。麻酔下で処置しますので術中の痛みはありません。術後も周囲組織の損傷が少ないので腫れ痛みもなかったとの事でした。見た目は少し怖いですがレーザーでカットするそばから人工のかさぶたが形成され傷口を守ってくれるため痛みが出にくいのです。治癒が非常に早いのも特徴です。
術前にブラッシング指導と知覚過敏処置によって歯肉と歯根のむずがゆさはすでに改善されていおります。さらにレーザー照射により小帯を除去したことで瘢痕治癒組織によって可動粘膜が不動粘膜となり付着(様)歯肉が得られ、今後の歯肉退縮が予防できます。
完全に付着歯肉が無い場合には、遊離歯肉移植術等を用いますが、患者さんの負担が増えますので、なるべく患者さんに優しい方法を取らせていただいております。
各所にある小帯(筋繊維の束、ひも状のもの)は悪影響を及ぼすこともありますので、気になったらお気軽にご連絡下さい。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2008年9月18日  カテゴリー:歯周病治療

ページトップへ