歯列不正→歯周病の増悪因子

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
歯列不正は歯周病を悪化させる修飾因子として知られています。
歯並びが悪いと磨きにくい、プラークが溜まりやすい、歯石も付きやすい、力の加わり方が理想的でないetc.etc…と悪影響があり歯周病を進行させてしまうわけです。
そんなわけで、歯周病の治療の一環として歯列矯正治療をさせて頂く事が良くあります。
歯周治療と並行して矯正治療を行っている患者さんです。
まだまだ始まったばかりで、矯正治療を開始して一ヶ月程度です。
初診時            矯正治療一ヶ月経過
0000001914719_Panorama_20080529223413_02.jpg 0000001914719_IntraOral_20080717215917.jpg
犬歯の咬合関係を見て頂くと改善が著名かと思われます。
先ず、ブラッシングしやすくなり歯肉の炎症が収まって来ています。
上の歯列、下の歯列とだんだんと並んで来て噛み合わせも良くなり、歯一本一本も力を理想的に受け止められるので、患者さんいわく歯と歯肉がしっかりして来たようだとの事でした。
歯周病のプラークによる炎症性の因子をコントロールしながら弱い力で歯を理想的な位置に並べて行く所です。
右上の臼歯部は患者さんもあきらめていらっしゃったほど歯周病の進行が著しかったので抜歯に至りました。
0000001914719_Panorama_20080529101017_02.jpg
抜歯に際してソケットプリザベーション(抜歯窩の温存)を行い、数ヶ月後にインプラント治療を行い右側臼歯部の咬合を確保する予定です。
ソケットプリザベーション時    現在
0000001914719_Panorama_20080616223450.jpg 0000001914719_IntraOral_20080717220007.jpg
抜歯部位は感染や大きく陥没する事も無く治癒する過程で、余分な人工骨が自然に排出されてるところです。
患者さんには大変協力して頂き、一生懸命磨いて頂いております。患者さんのがんばり無くして歯周治療や矯正治療は成功しません。患者さんのがんばりにお答え出来るよう健康目指して今後もお手伝いさせて下さい!
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2008年7月19日  カテゴリー:歯周病治療, 歯列矯正治療

ページトップへ