より精度の高いインプラント手術

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
当院では、iCATナビゲーションシステムを導入しています。
このシステムは、CT画像からコンピュータ上で適正なインプラント埋入位置をシミュレーションし、さらにその結果を反映したガイド・ドリルにより、安全で精度の高い手術(ガイデッドサージェリー)をサポートしてくれます。
Iさんのシュミレーション(下顎に6本埋入予定)
000099999921_IntraOral_20080628052527.jpg 000099999921_IntraOral_20080628053749.jpg
患者さんには指定の撮影所メディカルスキャニング池袋にて撮影してきて頂くだけです。(撮影前には、撮影時にお口に入れて頂くマウスピース装着の、とても簡単な練習をしていただきます。)
その後、iCATと当医院でデータのやり取りを行い、シュミレーションに基づくサージカルガイドを作製し手術に臨みます。
kr.1syuguide.jpg
全ての症例でCT撮影とナビゲーションを行う必要は有りませんが、難症例や特に出血を最小限に抑えたい症例にはかかせません。
「インプラントは無理ですよ」と診断を受けあきらめていた患者さん、お気軽にご相談下さい。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2008年6月28日  カテゴリー:症例Vol.6, インプラント

ページトップへ