フラップレス&ソケットリフト

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科専門の仙田歯科医院、院長仙田です。
左上臼歯部が2本欠損している患者さんにインプラント治療をさせて頂きました。
第2小臼歯と第1大臼歯が欠損した状態をしばらく放置されていたそうです。
Hさんは右下に先日2本のインプラント埋入手術を行い経過が良かったので左上もインプラント治療を行う事を決断なさったとの事です。
術前レントゲン写真      埋入直後レントゲン写真
0000001845099_Panorama_20080522112619_02.jpg 000000184509980617111710.jpg
第2小臼歯相当部位は上顎洞底までの歯槽骨の厚みが10ミリちょっと有ったので、通常通り直径3.75mm長さ10mmのインプラントを埋入しました。
第1大臼歯相当部位の骨の厚みは6mm弱しか有りませんので、ソケットリフト法を用いて約4mm程上顎洞底を挙上し、直径3.75mm長さ10mmのインプラント埋入しました。
埋入後口腔内写真
0000001845099_Panorama_20080617231140.jpg
フラップレスサージェリーを行ったので、翌日の痛み、腫れは有りませんでした。
手術当日、朝のオペ後の出血がほぼ無かったので安心していました。しかし昼食後やや出血しだし午後までじわじわと続いたそうです。ご連絡をいただきご近所だったので来院して頂き圧迫止血を行った所、10分程で止まり、その後は翌日まで良好で先ほどの結果に繋がりました。Hさんご心配をおかけして申し訳ございませんでした。あまりに術直後が奇麗だったので止血が不十分となってしまったようでした。
今後は下の歯も被せ直し、約2ヶ月後には奇麗な被せ物が入る予定ですので楽しみにお待ち下さい。
Good day & Peace!
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2008年6月25日  カテゴリー:症例Vol.5, インプラント

ページトップへ