ウォーキングブリーチ ♯3

以前神経を失った失活歯の漂白法であるウォーキングブリーチを紹介させていただきました。
他院では削って被せないといけないと言われた患者さんです。
当院では必要がなければなるべく削らない方針なので、ブリーチを行いました。
右上の前歯の失活歯が変色しています。
術前             術後
000000165998_IntraOral_20071220063323.jpg 000000165998_IntraOral_20080531224017.jpg
ブリーチに先立って根管治療を行いました。
術前            術後
000000165998_IntraOral_20071204190331.jpg 000000165998_IntraOral_20080105115242.jpg
生活歯の変色歯を修復する場合はラミネートベニア等も有効ですが、今回は失活歯で原因が歯髄腔内にあったので、確実に根管治療を行った後のウォーキングブリーチによって歯の切削が避けられ歯質の保存が可能となりました。
 今回は治療期間が少し長くかかりましたが、歯を削る事無く自然の白さを回復し良い結果を得る事が出来、Hさんにも喜んで頂けました。
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2008年6月4日  カテゴリー:審美歯科治療

ページトップへ