歯肉縁下カリエスの処置

被せものをしていても虫歯になるんですか?
という質問を時々頂きます。
もちろんなってしまうのです。
神経を失った歯である場合、しみたり痛んだりしないため、知らないうちにかなり進行してしまう事も有ります。
被せ物の辺縁から虫歯が進行してしまった患者さんです。
ボーンサウンディングして生物学的幅径が確保できると判断し、骨はいじらずに対処しました。
カリエスチェックで虫歯を除去し、レーザーを用いて殺菌、歯質の強化、歯肉切除を行いました。
術前             歯質と歯肉への処置
0000001653001_IntraOral_20080327063338.jpg 0000001653001_IntraOral_20080410223724.jpg
ほとんど出血もなく治癒も非常に早く、歯肉の状態は良好になりました。
ファイバーコアを用いて支台築造を行い、被せ物をお入れしました。
ファイバーコア        補綴処置後
0000001653001_IntraOral_20080422024647.jpg0000001653001_IntraOral_20080528221835.jpg
生物学的幅が確保出来ないケースは必要に応じて歯槽骨の切除を行いますが、歯肉のみで対処出来るケースは、低侵襲で治癒の早いレーザー治療が非常に有効です。
院長仙田のペリオ インプラントブログ

投稿日:2008年5月31日  カテゴリー:歯周病治療

ページトップへ