[2008.04.30] 
最新情報
ロングスパンブリッジ→インプラント

仙田歯科医院紹介動画

新着情報

新着情報:2008年04月分

« 2008年03月 | | 2008年05月 »

2008年04月30日:ロングスパンブリッジ→インプラント

ロングスパンブリッジを支える歯が悲鳴を上げた患者さんです。
ロングスパンブリッジは土台の歯にたわみが生じます。
その結果長年にわたりセメントが徐々に溶け出し二次齲蝕が進行し歯髄炎を起こしました。
周期的に痛んでおり今回痛みがひどくなったため神経を取る治療を当院で行いました。
ブリッジの再治療では神経を失った失活歯では今後歯根破折の恐れもあります。
Sさんは今回インプラント治療を選択されました。
術前レントゲン写真       インプラント埋入時
0000000059211_Panorama_20050613154306.jpg 0000000059211_Panorama_20080415120545.jpg

十分な長さのインプラントを2本埋入しました。
初診時             仮の歯にて修復
0000000059jyutuzenn%20_IntraOral_20080124001136.jpg 0000000059211_IntraOral_20080410004431.jpg

手術前             埋入後
0000000059211_IntraOral_20080410005058.jpg 0000000059211_Panorama_20080416000942.jpg

CO2レーザ照射を行っているため、術後一週目の抜糸の際も創面は奇麗な状態でした。
術後の腫れはありませんでしたが、切開剥離しているため少々お痛みは出てしまいました。
申し訳ございません。やはり理想的にはフラップレスで出来れば良かったと思います。
現在は良好に経過しております。
今後PTVを観察しながら補綴処置に移行します。
Sさんから手術時においもさんのお店らぽっぽの大きなおいものパイを頂きました。
スタッフみんなで美味しく頂きました。Sさんありがとうございました!
0000999999000%20_Panorama_20080416074516.jpg 0000999999000_Panorama_20080416074536.jpg

なんだかほっとする懐かしい優しい味でした。


院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年04月28日:マザー牧場 ♯2

昨日の日曜日にマザー牧場に行って来ました。
昨年の10月には豊島区歯科医師会の旅行でマザー牧場に行きました。
暖かくなって来たしそろそろ家族で行ってみようかという事になり、早起きして行きました。
お昼前まではちょっと寒くて霧がかかっており、視界20mくらいといったところでした。
マザーファームツアーに参加し動物とふれ合いました。
お昼にジンギスカンを食べてから霧が晴れだし、ぽかぽか陽気となりました。
羊の大行進にはみんな大興奮でした。150匹の羊の群がどどどどっとやってきます。
IMG_2872.jpg IMG_2873.jpg IMG_2874.jpg


その後はみんなでアイスクリーム作りをしてできたてを美味しく頂きました。
トマト狩り、ポピー摘み等も行い盛りだくさんの内容でしたが、時間に追われる事も無くのんびりとした休日を過ごしました。
帰る頃には良く晴れ汗ばむような陽気になっていました。
IMG_2934.jpg


帰り支度をしている頃、なんとばったり歯科医師会でお世話になっているI先生ご一家に遭遇。
10月もご一緒し、奥様にジンギスカンを焼いて頂き娘と食べた事を話していたばっかりだったので、ちょっとびっくりしました。こんな偶然も有る物ですね。
昨日もまたまた皆楽しかったようで、あさっての休みの日にも来ようねなんてことに。
行っちゃったりして。

ページのトップに戻る

 

2008年04月27日:歯周病専門医更新しました

昨日の午後は日本歯周病学会学術大会出席のため午後を休診させていただき申し訳ございませんでした。今後の治療に役立てて行きたいと思いますのでなにとぞご理解のほどよろしくお願いします。
おかげさまで、無事に日本歯周病学会専門医の更新を済ませました。
本日は学術大会でその発表があり、前もって合格の知らせは聞いておりましたが、この目で確認して来た次第です。
鉛色の空と大宮ソニックシティー 合格発表の掲示板
IMG_2764.jpgIMG_2766.jpg


歯周病専門医は5年に一度更新が必要となります。
自動更新ではありません。(歯科医師免許は自動更新ですが)
一般開業医となった今も日本大学歯学部歯周病科の伊藤公一教授の元で研鑽を積ませて頂いております。五年前に歯周病専門医の資格を取得させて頂いたのが昨日のように思い出さされますが、今年はその更新の年に当たりました。学術大会への出席、専門医研修会への出席、学会発表、学会誌への投稿などの基準を満たして初めて更新できます。(専門医の資格を取得するに際してはそれ以上の努力そして情熱が必要でしたが。)伊藤教授には足を向けて眠れません。
日本全国の歯科医師数は約96000人くらいだったと思いますが、歯周病専門医はその内の600名程度です。歯周病の治療に関しては歯周病学会、臨床歯周病学会の専門医をあたって頂ければ間違いないと思います。私はその他JIADSというスタディーグループでも歯周病や歯内療法を学びましたが、根幹には日本の歯周病学会の重鎮でいらっしゃる伊藤公一教授に歯周治療の何たるかを叩き込んでいただいた事があると確信しております。その後、医局を離れ、JIADSの小野先生や宮本先生などにも多くの事を学び今日まで来ました。守破離??
みなさんそれぞれとても情熱の有る先生方ばかりで、私もいつまでも、いくつになっても情熱を持ち続けていたいです(Dr.Joeのように!)。
今日の学会発表で興味深かったのは、岩田先生の講演でした。
IMG_2770.jpgIMG_2771.jpg

歯周病とインプラント補綴に関する素晴らしい講演でした。
岩田先生と言えば、インディアナ大学に留学されていた事で知られていますが、インディアナ大学は恩師の伊藤公一教授もその大学院をお出になられました。
私も米国での学会発表のおりインディアナ大学を訪れ、ハンコック教授に大変お世話になった事を夢のように思い出します。(シャピローのターキーサンドが忘れられません。)
今日は大学院時代の後輩である山田先生が素晴らしい専門医ポスター発表もされておりました。
大学院とカンフークラブ?の後輩山田先生のグレートな発表
IMG_2782.jpgIMG_2781.jpg

とても立派な発表で、こちらも刺激を受けるとともに、10数年前の懐かしい大学院時代が懐かしく思い出されました。GWは暦通りの診療で、特にどこに行く訳でもありません。今日はいろいろ感化されたりふといろいろと大学院時代の事を思い出したので、休み中は懐かしい過去をブログにしてみようかと思っております。
かなりセピア色の記憶ですが


院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年04月26日:ピンクポーセレン

Kさんの左上インプラント上に被せ物が入りました。
術前             術後
0000000042333_Panorama_20080216043333.jpg 000000004233300080422001618.jpg


歯周病で歯を失った経緯があるため、歯槽骨がかなり吸収しておりました。
インプラント上に補綴物を被せるにあたり、歯槽骨が吸収していたぶん長い歯になってしまいます。それをさけるために、歯頚部付近をピンクポーセレンで築盛し疑似歯肉を作り歯頚線をそろえたため自然で審美的な仕上がりとなりました。
Kさんにも満足していただけました。
精巧なカスタムアバットメント 美しいセラミクスクラウン
0000000042333_Panorama_20080421232320.jpg 0000000042333_Panorama_20080421231837.jpg

カスタムアバットメント装着  セラミクスクラウン仮着
0000000042333_Panorama_20080421234701.jpg 000000004233300080422001618.jpg

カスタムアバットメント装着  セラミクスクラウン仮着
0000000042333_Panorama_20080421234736.jpg 0000000042333_Panorama_20080422001548.jpg

長期間に及ぶKさんの、歯周治療、矯正治療、インプラント治療、補綴治療も終了しました。
これからは、いい状態を維持して頂くため定期検診をしてゆくこととなります。
気持ちいいクリーニング主体ですから、気軽に、気長に通って下さいね!


院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年04月25日:診療時間変更のおしらせ

明日26日(土)は日本歯周病学会学術大会に出席します。
まことに勝手ながら午後を休診とさせていただきます。
10:00〜13:00は通常通り診療いたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

ページのトップに戻る

 

2008年04月24日:大きくなって帰って来てね!

今日は送別会でした。
衛生士専門学校に通いながらお手伝いしてくれていたKちゃんが、本格的に臨床実習が始まり学業に専念する為、仙田歯科医院をお別れする事になりました。
今日は送別会だったので、普段平日は口にしないお酒を皆と楽しみました。
おっさん&仙田歯科医院の人財達!
IMG_2762.jpg IMG_2763.jpg


立派な歯科衛生士となって、ご縁が有ればまた皆でがんばれたらいいね。
てゆうか、春からおいでよ!一緒にまたやろう!!てことで盛り上がりました。
先輩スタッフが一生懸命作った寄せ書きと花束で涙ぐむなKちゃん。
一年間どうもありがとう。患者さんへの暖かい心遣と笑顔は忘れません。
どんな仕事も尊いですが、いつまでもこの仕事に誇りを持ち続けていたいと思いました。

カンバックサーモン!

ページのトップに戻る

 

2008年04月23日:祝立山黒部アルペンルート開通

去る4月17日、富山県の立山黒部アルペンルートが全線開通となりました。
pt_1-1.jpgpt_03-800.jpg


 

そうと聞いてはこうしてはおられぬとさっそく土曜に行って来ました。
割烹 いな葉は富山湾でその日水揚げされた鮮魚を楽しめるお店です。
富山は行きたいけれどちょっと遠いので、富山のお魚を食べに銀座にある割烹料理屋さんに行って来たという訳です。(ただ行きたかっただけです、はい)
富山出身の友人小倉さんに紹介して頂いたお店でかれこれ10年くらい寄らせてもらっています。
小倉さん富山の空は今も青く高く澄んでいますか?
今回はちゃん森先生と行って来ました。
のどぐろの刺身が絶品でした  そいの煮付けもうまいっす
IMG_2727.jpg IMG_2730.jpg

酒はもちろん立山  ちゃん森先生、うまいっすの巻き
IMG_2729.jpg IMG_2728.jpg


富山は、中学生の頃家族旅行で行き楽しい思い出が沢山ある場所です。
その後、大学院の時小倉先生(のご友人)の結婚式で行きました。今度訪れるときはきっと小倉先生ご自身の結婚式ではないかと予想しています。呼んで頂けなければおしかけちゃいますか。お魚食べに行っちゃいますか。
pt_02-800.jpgpt07.jpg

ページのトップに戻る

 

2008年04月21日:抜歯即時埋入+ソケットリフト

右上第2大臼歯を抜歯しソケットリフトでインプラントを即時埋入した患者さんです。
抜歯即時インプラント埋入の利点は以下に挙げられます
1.外科手術の回数の減少
2.治癒期間の短縮
3.既存骨を最適な形で利用できる
利点があれば欠点もあります
1.骨形態によっては埋入と固定が困難となる
2.薄い組織では適切な結果が得にくい
3.歯肉弁の封鎖が困難となる場合が有る
4.追加手術が必要な場合が有る
5.テクニックセンシティブ
この欠点を補うのが林揚春先生が確立された術式です。
初期固定はあくまで必要としない、歯肉弁は封鎖する必要性がない、追加手術は概ね必要としない、という画期的な、かつ患者さんにとって優しい術式です。
(他のインプラントと補綴物は他院にて治療なさったものです)
保存不可能な残根    抜歯直後    埋入一週間後!
0000001744ysa_Panorama_20080406023814.jpg 0000001744ysa_Panorama_20080406024429.jpg 0000001744ysa_Panorama_20080412234409.jpg


抜歯後肉芽組織を丁寧に除去し、中核の骨を利用して固定を得ながらφ5.0mm、長さ10mmのインプラントを埋入しました。
骨とインプラント体のスペースにはテトラサイクリンと混合したβーTCPを充填し、コラーゲン膜で上部を被い、単純縫合を血餅保持のために行います。
歯肉弁をあえて封鎖しないため、腫れ、疼痛がおこりません。
インプラント自体がHA(ハイドロキシアパタイト)コーティングインプラントであり、骨伝導能を持っているため、確実な骨接合が得られます。
今回は上顎洞までの骨の距離が8mm程度だったため、オステオトームを用いてソケットリフト法で埋入しました。
術後一週めの写真で、ほぼ歯肉弁は封鎖し、残った空隙から黄色の抗生剤の混ざったβーTCPが少し顔を覗かせているのがわかります。
治癒促進、殺菌の目的でCO2レーザを照射しました。
術前              埋入直後
0000001744ysa_Panorama_20080301153324_02.jpg 0000001744ysa_Panorama_20080405153201.jpg

術後一週目で腫れ、痛みは有りませんでした。手術当日一回だけ鎮痛剤を服用されたのみとの事でした。
今後はレントゲン写真とPTVを指標に骨接合を確認し、補綴処置に移行します。
抜歯即時埋入法は患者さんにとって、手術期間を短縮でき、なにより痛み腫れを回避できるとても素晴らしい術式です。

院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年04月20日:インプラントセミナー

今日はこのたび当院で導入することとなった「アイキャット」というインプラントナビゲーションシステムのセミナーに参加して来ました。
熱心に受講する先生方  代表取締役CTO 十河基文先生と
IMG_2739.jpg IMG_2746.jpg

おや、偶然!上重先生、竹ノ内先生  ハンズオンセミナー
IMG_2744.jpg IMG_2745.jpg

日大歯周病科で一緒だった後輩の上重先生、竹ノ内先生も参加していました。お二人ともご立派になられご活躍のようでした。お疲れさまでした!
インプラントナビゲーションとはCT撮影したデータを用いて、世界でiCATが初めて可能にした「インプラント断面」によって、隣在歯との関係や傾斜状態を精度高く把握でき、さらにCT値表示によりドリル方向に沿った骨質診断も可能となるシステムです。
さらに、サージカルガイドもCAD/CAMで作製することが可能なシステムです。従来のサージカルステントと異なり、シミュレーションしたインプラントの埋入位置を高精度に反映した手術用テンプレートであり、シミュレーションに基づいた手術を支援してくれる優れものです。
さらに専用のドリルもあり手術の確実性を向上させます。
ph_guide.jpg ph_drill.jpg


今までは必要に応じて日大歯科病院で歯科用CTを撮影してきて頂き、そのデータで診断していました。
今後は、必要に応じて西池袋のメディカルスキャニング池袋にて医科用CTを撮影していただきそのデータを利用して診断のみならず、シュミレーション、サージガルガイド、サージカルドリルの作製によって、より制度の高い確実な手術が可能となる事と思います。
今日の会場は東京駅の八重洲口からほど近いオフィスでした。
八重洲口も丸の内方面に負けないぐらい高いビルがにょきにょき建っていてびっくりしました。
グラントウキョウサウスタワー  駅  ノースタワー
IMG_2749.jpg IMG_2748.jpg IMG_2747.jpg


明日からまた診療がんばります!

院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年04月19日:オールセラミクスインレー

メタルインレーをセラミクスインレーで再治療させて頂いた患者さんです。
奥から2番目に入っているインレー周囲の歯質が少し割れて隙間が出来てしまいました。
当院で治療するにあたり、金属ではなくセラミクスインレーを選択されました。
術前のメタルインレー    セラミクスインレー装着後
000000154522_IntraOral_20080205001450.jpg 000000154522_IntraOral_20080215013312.jpg

セラミクスインレーは自然な審美性の回復と、強度は十分に確保されているので機能面の回復も可能です。
問題なく機能している金属を全て白い物に交換する必要性は無いかもしれません。
既存の金属修復された歯に異常が出たり、二次齲蝕などで再治療が必要となった場合、
または金属アレルギーと診断され口腔内の金属を除去しなければならない場合には
オールセラミクスやハイブリッドなどのセラミクスインレーが是非お勧めです!


院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年04月18日:昼休みに映画館へ、、、

木曜日はお昼休みに池袋のヒューマックスシネマに行って来ました。
といってものんびりに昼間から映画を見てきたわけではありません。
日曜日に映画館に忘れ物をしたのを今日になって気づくのんきな私でした。
いろいろと心当たりに連絡し、なんとかHUMAX シネマズ4にありました。
スタッフの方ありがとうございました。
昼休みに急いで取り行って来たという訳でした。
またまた映画館へ      
080417_1354.jpg

大切な物が見つかって心からにほっとしました。気をつけなくっちゃー!

ページのトップに戻る

 

2008年04月17日:奇麗な歯を被せる前に

奥歯の金属色の歯2本を白い歯に被せ直したいという希望で来院されたNさんです。
第2小臼歯、第1大臼歯に金属冠 術前レントゲン写真
0000001685888_Panorama_20071219032446.jpg 0000001685888_Panorama_20071218151136.jpg

セラミクスクラウン装着後 根管治療後レントゲン写真
0000001685888_IntraOral_20080412223452_02.jpg 0000001685888_IntraOral_20080308102655.jpg

被せ直させて頂く前に、先ず根管治療を行いお薬を詰め直しました。咬むときの違和感があり、原因が根管治療の不備にあったからです。
その後、ファイバーコアを用いて土台を立てました。
根管治療後          ファイバーコア接着
0000001685888_IntraOral_20080308222249.jpg 0000001685888_IntraOral_20080323012956.jpg

自然感のある美しいセラミクスクラウン
0000001685888_IntraOral_20080412222010.jpg 0000001685888_IntraOral_20080412222025.jpg

口腔内装着後         ポーセレンマージン部
0000001685888_IntraOral_20080412223625.jpg 0000001685888_IntraOral_20080412221806.jpg

カラーレスのポーセレンマージンなので、黒い線や陰が出来にくく歯肉退縮を起こした際も境目がわかりにくいのが特徴です。
被せ直しの治療を行う際、必要に応じて根管治療や支台築造(心棒を入れたり土台を立てる処置)をしっかり行う事で、長期的に良好な結果が得られます。
治療期間や回数がその分少し増える事がありますが、上記の理由によりますのでご容赦下さい!

院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年04月15日:入れ歯からインプラントへ (2)

入れ歯が合わずにインプラント治療を希望されたMさんの治療が終わりました。
カスタムアバットメント    美しいセラミクスクラウン
0000001657888_Panorama_20080404215344.jpg0000001657888_Panorama_20080404215332.jpg

0000001657888_Panorama_20080404215232.jpg0000001657888_Panorama_20080404215242.jpg

術前レントゲン写真      術後レントゲン写真
0000001657888_Panorama_20071207102929_02.jpg0000001657888_Panorama_20080404112030.jpg

術前             二次オペ後
0000001657001_Panorama_20080125224808-thumb.jpg0000001657002_Panorama_20080307230005-thumb.jpg

カスタムアバットメント装着  セラミクスクラウン装着
0000001657888_Panorama_20080404230819.jpg0000001657888_Panorama_20080404230845.jpg

0000001657888_Panorama_20080404230958.jpg0000001657888_Panorama_20080404230918.jpg

Mさんは、義歯が合わずに使用できなかったそうです。
欠損があっても欠損数が少ないと咬む事は出来るため、かえって義歯が煩わしいことがあります。
今回Mさんはインプラントを選択されました。13mmの十分な長さのインプラントに支えられたセラミクスクラウンによって欠損は回復され、審美的機能的にも満足して頂く事が出来ました。
単独歯のインプラント治療で、治療の流れが分かりやすかったので、Mさんに協力して頂き詳しく治療のステップを説明させて頂きました。Mさんありがとうございました。


院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年04月14日:診療時間変更のお知らせ

4月15日(火)の11:00〜12:30はインプラント手術を行います。
その間は電話による受付のみとなります。
それ以外の時間帯は通常通り診療いたします。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。
IMG_2656.jpg
  


 

院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年04月13日:お茶の水

日曜日は所用でお茶の水に行きました。
IMG_2709.jpg


お茶の水といえば、母校の日本大学歯学部がある懐かしい場所です。
用事を済ませる間暇が一時間程あったので、ぶらぶら散歩してみました。
進学校舎          学部校舎
IMG_2716.jpg IMG_2717.jpg

付属歯科病院         大学院校舎
IMG_2715.jpg IMG_2718.jpg

1~2年生の間は進学校舎という所で主に学び、3~6年生まで学部校舎という所にいました。
その後付属歯科病院に5年勤務する間、大学院に4年通いました。今思うと結構長くいたな〜。
その後周囲をぶらぶらしましたが、ずいぶん変わっていて驚きました。
変わっていない所もあったので、少し写真を撮ってみました。
ニコライ堂    富士そば(リニューアルしてちょい奇麗に)
IMG_2713.jpg IMG_2712.jpg

鮨とちぎや(立ち食いです)   エチオピア(カレー屋さん)
IMG_2719.jpg IMG_2722.jpg

とちぎやは、傾斜が少しきつくなったような?隣とぎりぎりです。
エチオピアはくせになる辛さが人気です。
Tokyo Bar Bar と よしぎゅう
IMG_2720.jpg

髪をカットして牛丼食べても1000円ちょっと、という懐に優しいお店達でした。

そうしているうちに用事も済み、移動して池袋で映画を見ました。
IMG_2726.jpg

ドラえもんのび太と緑の巨人伝 を見ました。
最後ちょっと泣きそうになりまずいなー、見られたら恥ずかしいなーと思っていました。
エンドロールが終わり電気が付き隣を見ると連れが大泣きしていてちょっとびっくりしました。

ページのトップに戻る

 

2008年04月11日:心にスマイル

尊敬する先輩Dr.Henryが本を出版したとあってはいてもたってもいられず、オフィスにおじゃましちゃいました。
本のタイトルは「心にスマイル」
素敵な本にサインをして頂きました。
IMG_2707.jpg IMG_2708.jpg


そして何冊か購入しました。(おまけしてくれてどうもでした!)
当医院の本棚にもご用意しましたので、ご来院のみなさま手に取ってご覧下さい。
貸し出しも、購入して頂けるようにもなっておりますのでどうぞ!
日々の診療でも育児などでもついつい真剣になり過ぎ、心にゆとりが無くなる事が私の欠点だと自分でもいやという程わかっているつもりです。
心にスマイル!を肝に銘じてがんばりたいと思います。
Dr.HenryのHPから写真拝借しちゃいました。
とっても素敵なオフィスとスタッフの方々でした。
e9317b87-s.jpg

そして今日は野茂が1000日ぶりにメジャーのマウンドに上がった記念すべき日でありました。
20080411-00000023-reu_k-spo-view-000.jpg

Henryは患者さんから信頼されるDrで、インプラントの実績は言うに及ばず。
野茂はメジャーの鉄人とも言えるでしょう。
私も先人達の様にこつこつと何かを築きあげて行きたいものです。

ページのトップに戻る

 

2008年04月10日:ウォーキングブリーチ ♯2

神経を失った失活歯の漂白法にウォーキングブリーチがあります。
今回は3週間程で自然な白さを取り戻しました。
左の前歯を外傷で失活し徐々に変色し色が濃くなって来たそうです。
術前             術後
0000001739000mi_IntraOral_20080217010724.jpg 0000001739000mi_IntraOral_20080311041722.jpg


ウォーキングブリーチを行う際には先ず、必ず再根管治療を行わい歯髄神経が入っていた空洞を完全に奇麗にしてから、中に漂白材料を入れて1〜2週間毎に経過を追っていきます。
術前         術後
0000001739000mi_IntraOral_20080131190609.jpg 0000001739_000mi_IntraOral_20080216133523.jpg

Mさんは、実は他院にて削って被せなければ治療できないと診断されたそうです。
ブログを見たのがきっかけで問い合わせの上来院なさいました。
削らずに自然な白さを取り戻せたので満足して頂けました。
失活歯の変色歯で、大きな詰め物等が入っていなければ、ウォーキングブリーチ法で対処できるかも知れませんのでご相談ください。
なるべく歯を削りたく無い歯医者です。Natural teeth are loved.

ページのトップに戻る

 

2008年04月07日:GBRとソケットリフト

1月にブレードタイプインプラントを除去した患者さんです。
撤去したバイオセラム バイオメンド(吸収性GTRメンブレン)
000000096911ik_Camera_20080126014236-thumb.jpg 0000999999%200009999_Panorama_20080402003515.jpg

撤去後骨補填材を入れソケットプリザベーションを行いましたが頬側の薄い骨は吸収されるため、インプラントを撤去した大きな空洞が完全に骨で充たされる訳ではありません。
そこで今回はGBR法(骨再生療法)を併用してインプラント手術を行いました。
術前X線写真         埋入後X線写真
000000096911ik_Panorama_20061209155549.jpg000000096945_Pa%E2%80%A680403170%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC

○向かって左の犬歯相当部位に10mmのインプラントを通法に従い埋入しました。
○真ん中の第1小臼歯相当部位にGBRを併用して8mmの物を埋入しました。
β-TCPと吸収性膜のバイオメンドを用いて行いました。
○向かって右の第2小臼歯相当部位にソケットリフトを用いて8mmの物を埋入しました。
骨の高さが3mm程度だったので、シュナイダー膜を傷つけないようにβ-TCPを併用してオステオトームで5mm程挙上しました。
術前             埋入後
000000096945_Panorama_20080404034843.jpg000000096945_Panorama_20080404043116.jpg

中央のインプラント周囲に2壁性の骨欠損があります。
β-TCPの充填         バイオメンドの設置
000000096945_Panorama_20080404043513.jpg000000096945_Panorama_20080404043646.jpg

大きな骨欠損だったのでβ-TCPの量も多く必要でした。(Thank you for Dr. J)
縫合後CO2レーザー照射後     CO2レーザー
000000096945_Panorama_20080404051043.jpg 0000999999__Panorama_20080404061736.jpg

CO2(炭酸ガスレーザー)レーザーは埋入時周囲の殺菌消毒、還流作用促進等による消炎促進、毛細血管新生促進、歯周組織再生促進、上皮の伸展を遅延し結合組織性付着促進、骨再生促進の等 、、、とにかく治りを良くしてくれるそうです!
約1時間半に及ぶ手術、Iさん本当にお疲れさまでした。
数ヶ月の間は仮の歯でお食事して頂き、その後は最終的な被せものをお入れできる予定ですので、もうしばらくお待ちください!


院長仙田のペリオ インプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年04月06日:Escape from metropolis

今日はとてもいい天気でしたね。
都会の喧噪を離れて私の故郷へ車を飛ばして行って来ました。
実家の裏山にて
IMG_2665.jpg

一時間弱で到着すると、都会は葉桜になろうかというのに、満開の桜が出迎えてくれました。
そして近所の子供達と童心にかえって遊びました。
野球!ラグビー!サッカー!もりだくさんでした。
ホームランボールを田んぼの中を探しまわるなんて何年いや何十年ぶりだったでしょうか。

祝、野茂英雄 メジャー昇格
野茂が3年ぶりメジャー ロイヤルズ中継ぎで昇格
【ミネアポリス共同5日】米大リーグ、ロイヤルズの野茂英雄投手(39)が5日、3年ぶりのメジャー昇格を果たした。同日午後(日本時間6日未明)のツインズ戦からチームに合流した。野茂は「(昇格は)すごくうれしいし、球団に感謝している。チームの勝利に貢献したい」と抱負を語った。
 野茂はオープン戦終盤に右脚付け根を痛め、球団施設で治療や調整を続けていたが、3日に投球練習を再開した。ロイヤルズはこの日、ベンチ入りの25人のうち、投手を1人増やして12人にしたため、中継ぎ要員として野茂が昇格することになった。
 野茂が登板すれば、デビルレイズ(現レイズ)に所属していた2005年7月15日のブルージェイズ戦以来となる。 [ 共同通信社 2008年4月6日 1:03 ]
080406_bbl_mlb_nomo_180.jpg

Congratulations the return of the tornado!

ページのトップに戻る

 

2008年04月04日:診療時間変更のお知らせ

4月5日(土)の14:30〜16:00はインプラント手術を行います。
その間は電話による受付のみとなります。
10:00〜13:00は通常通り診療いたします。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。
IMG_0624.jpg

ページのトップに戻る