[2008.03.31] 
最新情報
歯周治療後の補綴治療

仙田歯科医院紹介動画

新着情報

新着情報:2008年03月分

« 2008年02月 | | 2008年04月 »

2008年03月31日:歯周治療後の補綴治療

歯周病の治療を行っている患者さんです。
歯周病は歯肉が歯(歯根)に付着している箇所がプラーク中の細菌の毒素の影響で剥がされる事から起こります。付着喪失と言います。
その後、歯肉が下がったり歯槽骨が溶けたりし、進行した歯周炎では歯肉退縮を起こし歯が長く見えるようになります。
歯周病で歯肉が下がり、審美障害を訴え来院されたNさんです。
術前             術後
0000001624312_Panorama_20080110230647.jpg 0000001624312_P%E2%80%A680326004332.jpg

適合不良の補綴物を除去し仮の歯に置き換えながら、歯周病の基本治療であるスケーリングルートプレーニングという処置を行い、炎症性の因子を除去ました。
その後患者さんの意見もお伺いしながら被せ物をお入れしました。
一旦退縮してしまった歯肉を再生させるのは至難の技なので、補綴物であまり歯を長く見せないように工夫しました。初めの補綴物はスクエアーな形態で、女性の患者さんであるNさんの輪郭ともマッチしていませんでした。優しそうな丸みを帯びたオーボイドという形態にし、歯根のくびれた状態を模倣し歯を長く見せない工夫をしつつ、長期的に安定するよう清掃性も考慮した形態としました。
審美的、機能的にもNさんには満足して頂けました。
今後は患者さんと一緒にいい状態を維持できるように定期検診を行いケアさせていただきます。

ページのトップに戻る

 

2008年03月30日:インプラントセミナー

今日はエンドポアインプラントの講習会を受講して来ました。
エンドポアインプラントはカナダのトロント大学で開発されたユニークなシステムです。
元々は人工関節から流用された技術を用いて開発されたそうです。
IMG_2611_2.jpg IMG_2617.jpg

特徴はインプラント体表面がチタンポーラスコーティングされており、表面積が3倍の広さになる為、骨との接触面積が増え、ショートインプラントが可能となるとの事。
なんと通常のシステムでは考えられませんが、5mmの長さのインプラントがラインナップされています。
この5mmのショートインプラントは今後のインプラント治療のオプションとなり得る事を、講義と自習を通じて実感してきました。
講師の小森先生        私
IMG_2623.jpg IMG_2624.jpg

本日の講師の小森先生と林先生は母校の日本大学歯学部歯内療法科の先生で、学生時代お世話になった先生方です。久しぶりにお目にかかり学生時代を懐かしく思い出しました。
小森先生  私  林先生
IMG_2626.jpg

お二方ともにトロント大学に留学され、このインプラントシステムの開発と発展に携わった方々です。
学生の時同様に今日一日も熱心に教えて頂きありがとうございました。


セミナー後昨夜はお花見に行きました。
IMG_2588.jpg

ページのトップに戻る

 

2008年03月29日:診療時間変更のお知らせ

3月29日(土)は1 5:30〜16:30の間インプラント手術を行います。
その間は電話による受付のみとなります。
10:00〜13:30は通常通り診療いたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

3月30日(日)は、インプラントセミナーを受講して来ます。
しっかりと勉強して参ります!

ページのトップに戻る

 

2008年03月28日:3Dモジュール矯正システム

昨年夏から3Dモジュール矯正システムを用いて矯正治療を開始したKさんです。
舌側から矯正を開始するので目立たず、歯1本1本に装置が付かないので歯列発育を阻害せず、理想的な咬合誘導を行いながら歯列を整えて行けます。
そしてマルチブラケットだけでは困難な、歯軸を立てることが容易に出来ます。
じつはこれが重要です。歯は垂直方向に力を受け止める事が理想なのですが、概ね内側に傾斜してしまっている事が多く、マルチブラケットのみではこの歯軸を立てる事が難しいのが現状です。そこでこの3Dモジュール矯正システムを使用する事で、臼歯部を全て正直させる事が容易に出来ます。
臼歯を垂直に立てる事で矯正後の噛み合わせも安定し後戻りも防げます。
むやみに側方に拡大する訳ではなく、咬合誘導を模倣して扇状に拡大させます。
3Dクアッドへリックス     3Dリンガルアーチ
0000000450222_Camera_20071222071327.jpg 0000000450222_Camera_20071222071350.jpg


上顎は3Dクアッドへリックスという装置で年末まで行い、年明けからマルチブラケット装置によるフィニッシングを開始しました。
矯正治療開始前
0000000450222_Camera_20071222071116.jpg


2月(.012ワイヤー)
000000045022_Camera_20080223072838.jpg


3月(.016ワイヤー)
0000000450222_Camera_20080326072350.jpg

3Dモジュール矯正システムを行った事で、ブラケットによる治療を開始してから無理無く早く動いてくれる事に特徴が有ります。
特に乳歯と永久歯の混合歯列期から治療開始をすることで非抜歯率が上がります。
永久歯列においても非抜歯矯正が可能となる確立が上がりますし、後戻りをしにくい適切な噛み合わせを確立して行く事が可能です。

ページのトップに戻る

 

2008年03月27日:診療時間変更のお知らせ

27日(木)は休日応急診療研修会に参加します。
そのため、診療時間が午後6時半までとなります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。
池袋休日応急診療所担当医を一年に一度程担当させて頂いております。
地域の皆様にに少しでも貢献できるようがんばります!

ページのトップに戻る

 

2008年03月26日:いつまでもお元気で (2)

先日セラミクスのブリッジが入ったTさん(御年82歳)の奥歯に義歯が完成しました。
せっかく奇麗な歯が入ったからバネもあまり目立たない方がいいという事で、
Iバーという装置を使って製作させていただきました。
0000001696tk02_IntraOral_20080324220111.jpg 0000001696tk92_IntraOral_20080324220026.jpg

0000001696111_IntraOral_2008031322035000.jpg

お口をがばっと開けると見えてしまいますが(開口器を付けて歩きませんから安心)、
普段お口からバネはあまり覗きません。
おせんべいもバリバリ食べれると喜んで頂けました。
欠損補綴はインプラント、ブリッジ、義歯などいろいろな方法が有ります。
患者さんのために、患者さんに合った方法で、じっくり相談させて頂きながら治療を進めて行きます。
For the quality of better life

ページのトップに戻る

 

2008年03月24日:インプラント経過良好

現在左上臼歯部にインプラント治療を行っている患者さんです。
まだ左側臼歯の噛み合わせが出来ていないので、主に右噛みの状態ですが右下インプラントは経過良好です。
とても良く咬めると、経過良好な右下インプラント
0000000042000_Panorama_20080322220821.jpg 0000000042000_Panorama_20080322220711.jpg

0000000042000900ka_Panorama_20080121110419-thumb.jpg


患者様の都合で左側インプラント治療までの間隔が少し空いてしまいました。
このままでもいいかな〜と患者さんは少し思ったそうですが、やはり左もしっかりとした噛み合わせがないと右側臼歯や前歯に負担をかけます。(そんな時期に右上のインプラントと噛み合っている被せ物が外れてしまい、それを機に左上インプラント治療を再開しました。)
左上臼歯部インプラントは土曜が二次手術でした。
少し麻酔を行いパンチアウト  ヒーリングアバットメント装着
0000000042000_Panorama_20080322221034.jpg 0000000042000_Panorama_20080322221554.jpg


二次手術と言っても先日ご説明した様にとても楽な処置ですので心配ご無用です。
処置に要した時間は約15分程度です。
次回精密な型取りを行う予定なのでそのために必要な簡単な型取りを行ったりしてトータル30分程で終わりました。
PTVは手前が−5奥が−3と良好で既に強固なオッセオインテグレーション(バイオインテグレーション)が得られておりました。
 もう少しで右奥歯と同様に左側でもしっかりと咬んで頂けるようになりますので、
楽しみにお待ちください、Kさん!

院長仙田のペリオインプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年03月23日:春を見つけに

今日は家族で春を見つけに小石川植物園に行きました。
桜もほころび木々や草花も奇麗な花を咲かせておりました。
IMG_2549.jpg


黄色がとても鮮やかなミズキの花や赤やピンクの椿も奇麗でした。
ほころび始めたソメイヨシノ  オオシマザクラ
IMG_2552.jpg IMG_2553.jpg


モグラも活発です!    有名なメンデルのぶどうも健在です
IMG_2558.jpg IMG_2576.jpg


今日知りましたが、ニュートンのリンゴの木というのも有りました。 
IMG_2574.jpg


今日は皆で沢山の春を見つける事が出来ました。
 

ページのトップに戻る

 

2008年03月21日:歯を守るためのインプラント

インプラントを行う事によって、周囲の歯を守る事にもなります。
前歯には前歯の、奥歯には奥歯のそれぞれの機能があります。
奥歯はすりつぶす、噛み合わせの保持といった役割。
前歯は噛み切る、滑走する事により奥歯を離開させ守るといった役割。
どちらが無くなっても一方に負担をかけます。
一般的には奥歯の噛み合わせが無くなると前噛みになり前歯が出て来てしまいます。
フレアーアウトと言われる現象です。
徐々に前歯が出て来てしまった患者さんです。
下の歯は矯正治療を行い、出てしまった前歯を戻しました。
上の歯は出て来た下に合わせて被せたそうで、被せ物を仮の歯で調整し徐々に内側に入れました。
矯正治療開始時
0000000020000_Camera_20051006113045.jpg 0000000020000_Camera_20051006113009.jpg


上下の前歯の噛み合わせが良くなった所で左下の欠損部位にインプラントを行い、
噛み合わせる箇所を増やし噛み合わせを確立しました。
インプラント埋入前レントゲン  埋入後レントゲン
0000000020000_Panorama_20050603102902.jpg 0000000020000_Panorama_20060415154643.jpg


先日メインテナンスにおこしになった際も良好に経過しております。
0000000020000_Camera_20080319231439.jpg 0000000020000_Camera_20080320000436.jpg


現在は上の前歯の補綴も終了し動的矯正治療後の保定をリテーナーで行っております。
0000000020000_Camera_20080320002934.jpg

インプラントを行い欠損部を補綴する事によって、残っている大切な天然歯を保護し、寿命を延ばす事につながります。
「少し位い歯が無くたって咬めるからブリッジや義歯はいやだ」という理由で欠損を放置されているかた。
インプラントによって悩みを解決できるかもしれませんので気軽に相談してみて下さい!

院長仙田のペリオインプラントブログ

ページのトップに戻る

 

2008年03月20日:イルカの訳

仙田歯科医院のロゴマークはイルカをモチーフにしています。
理由は、映画 Le Grand Blue(グランブルー)が好きでその中にイルカが登場するからです。
gbp006 logo.gif

最初に封切られたのが1988年だそうです。当時は存在を知りませんでした。
大学生の時先輩に連れて行ってもらったバーでビデオが流れておりなんとなく気になり、後でレンタルで観てはまってしまいました。
銀座のシネスイッチで1998に10周年記念ロードショーが行われ2回程観ました。
今気づくと今年は20周年なんですね。ロードショーしないかなー。
gbp001 gbp002

映画の中で、ジャン・レノ扮するENZOの乗っている車がFIAT500(チンクエチェント)。
ルパ〜ンも乗っていますね。昨年FMCしヨーロッパで2008カーオブザイヤーを受賞したとか。
グランブルー20周年の年に受賞とは、何となく繋がっているようないないような?。
gbp00%EF%BC%93

%E3%80%80gbp00%EF%BC%94gbp005


PCで私が書いたイルカにはそんな訳(どんな訳?)があったのでした。
ENZO             NEW 500
gbp007img_photo3_S.jpg

ページのトップに戻る

 

2008年03月18日:いつまでもお元気で

御年82歳となられるTさんは前歯の痛みで来院されました。
前歯のブリッジは壊れ、根の中の神経は腐って膿がたまっていました。
根管治療を行った事で症状は消えました。
壊れたブリッジを撤去し、全ての根管治療、歯周治療を行いました。
その間歯が無くては困ってしまいますから、仮の歯をお入れしました。
先日仮の歯から最終的なセラミクスの被せ物が入り、経過良好です。
仮の歯            最終的なセラミクスブリッジ
0000001696111_IntraOral_20080310222941.jpg 0000001696111_IntraOral_20080313220350.jpg

美しいセラミクスブリッジ
0000001696111_IntraOral_20080310215705.jpg

現在は、仮の歯の時から製作中の奥歯の義歯を仕上げている段階です。
セラミクスが入ってから、ますます笑顔が素敵になりお元気になった様に見えるTさんです。
初めに腫れて痛みがありブリッジが破損して来られたときが嘘のようです。
これからもますますお元気で!!!

ページのトップに戻る

 

2008年03月17日:人工エナメル質

セラミクスは人工のエナメル質とも言えます。
顕微鏡レベルでのエナメル質の再生は日常お口の中で再石灰化という現象で起こっています。
しかし、目に見えるような虫歯による実質欠損はその範疇を超えて自然治癒しません。
そこで金属やレジン(強化プラスティック)やセラミクスなどで修復します。
しかし、審美性や機能性を兼ね備えた材料となるとセラミクスに限られるのが現状です。
つまりセラミクスを用いた修復処置は人工エナメル質で歯を再生させているような感覚です。
他院にて奥歯のメタルインレー(銀色の詰め物)が気になり、レジンに交換してもらったという患者さんです。
しばらくしてレジンが割れて来たためしみる、咬むと痛いという症状が出て来たため来院されました。
そこで、審美性機能性を兼ね備えたセラミクスインレーで修復させて頂きました。
大臼歯2本のレジンが破折しています    セラミクスインレーにて修復後
000000166%EF%BC%90%EF%BC%90mk_Camera_20071204121427.jpg 000000166702mk_IntraOral_20080305031037.jpg


審美的にも満足して頂き、咬んだ時の痛みも現在は消失し久しぶりに気にせず咬む事が出来たと喜んで頂けました。
レジン充填やインレーで噛む面の広範囲にわたる物は破折する事があります。
破折や噛み合わせにより摩耗が著しい場合はセラミクスに交換する事をお勧めします。

ページのトップに戻る

 

2008年03月16日:インプラントセミナー

土日とインプラント講習会に参加して来ました。
林揚春先生、若林健史先生、長谷川嘉昭先生の大変素晴らしい講演を二日間にわたりみっちり勉強して来ました。
林先生              林先生、若林先生と
IMG_2543.jpg IMG_2359.jpg


HAインプラントの第一人者である林先生の講演では、いかに患者さんにやさしく腫れ、痛みを少なくし、治療期間を短縮するかを科学的根拠をもとに話されておりました。
若林先生は歯周病専門医としての立場から天然歯を保護するためにもインプラント治療は有効な方法であり天然歯とインプラントは平和共存の関係である、implant loves natural toothとおっしゃられておりました。私も専門医としていかに天然歯を残すかという事を日々の臨床で実践しておりますが、やはりインプラントは有効であると再認識しました。
長谷川先生は患者主導型インプラントを標榜し、林先生同様に必要以上に手術回数を増やさない、治療期間を短縮する事をHAインプラントを使用し達成されておりました。
素晴らしい症例の数々!
IMG_2325.jpgIMG_2452.jpg


今回は徳島のインプラントロジストJoeこと藤島先生(藤島歯科医院)とご一緒させていただきました。
Dr.JoeはAll-on-4やノーベルガイドといった最先端の治療を日々ばりばりやられており、大変勉強熱心でもあります。大先輩でありながら気さくな方で楽しい先生です。二日間お疲れさまでした!
夜はHenryこと山内先生(東池袋山内歯科室)にもおこし頂きインプラントについて熱く語り楽しく飲みました。
Dr.Henryは豊島区歯科医師会でもお世話になっており、インプラントのスペシャリストです。
あと、かなりイケメンです!(初対面で本気で芸能人かと思いました。)
Dr.JoeはDr.Henryの友人で去年豊島区歯科医師会の会合でご一緒し、それ以来学会などでご一緒させていただくようになった次第です。
Dr.Joe               Dr.Henry
IMG_2410.jpg IMG_2357.jpg

がんばっておられるお二人に刺激をうける事で私もがんばって行こうという気になれます。
素晴らしい先輩方と知り合えた事に感謝!
  
Implant for everyone  

ページのトップに戻る

 

2008年03月15日:感謝をこめて

先日お知らせしました通り、
3月15日(土)はインプラント講習会に出席します。
そのため、診療時間は10:00〜12:00までとなります。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。

14日はホワイトデーでしたね。
妻、そしていつも家族をいろいろと助けて頂いている妻のお母様に日頃の感謝をこめてケーキを送りました。
ケーキは時々購入させて頂いている大塚の
ヨーロッパ菓子 ジュール・ド・リゼット で作って頂きました。
1111544522.jpg 080314_1318_001.jpg

仕事帰りにピックアップする際、店長さんが丁寧に包装して下さいました。
帰宅後、プレゼントすると皆喜んでくれました。
私もお相伴にあづかりました。
本当においしいチョコレートケーキでした。
ジュール・ド・リゼットお勧めです。

ページのトップに戻る

 

2008年03月14日:診療時間変更のお知らせ

3月15日、16日はインプラントセミナーに出席します。
そのため15日(土)の診療時間は10:00〜12:00までとなります。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。
歯科衛生士もスケーリングのセミナーに出席します。
今後もインプラント、予防、痛みの少ない確実なスケーリングのスキルアップにスタッフ全員で取り組んで参ります。

インプラントにおけるMinimum Invasion Surgeryの確立

超音波ソフトソニックURMを生かす


木曜のお昼休みに懐かしい仲間が遊びに来てくれました。
二人とも大学病院勤務時代に知り合った仲間です。
二人は日大松戸歯学部柔道部出身で、貫禄有りますがいくつか年下です。
加賀先生   私   立花先生
IMG_2294.jpg

日大歯科病院時代に、今は富山で開業されている小倉先生からご紹介されました。
小倉先生は私の辛かったときをささえてくれた恩人です。
当時は良くバーベキューやキャンプのような事をやり、落ち込んだ私を励まし、極真空手の達人でしたので、道場で一緒に稽古をして頂き精神面を鍛えてもらいました。
精神的にまいってしまいそうな時は、体を動かし鍛練する。すると精神も鍛えられ安定すると言う事を教わった気がします。
その関係で知り合った仲間二人が訪ねて来てくれた訳ですが、
両国 浪花屋本店のたいやきをおみやげに持参して来てくれました。
IMG_2295.jpg IMG_2296.jpg


かれこれ3〜4年ぶりの再会でしたが、お互い若干ふけました。
これからもお互い患者さんのために役立てるようがんばりましょう!
立花先生のモットーは「延ばそう 歯の寿命  讃えよう 歯のありがたさ」だそうです。
よろしかったら立花先生のブログ コトブログ 読んでみて下さい!

ページのトップに戻る

 

2008年03月13日:美容院デビュー

昔は床屋さんで髪の毛を切っていましたが、いつからか美容院です。
美容院に行くと、赤い車がおいてありました。
遊園地やゲーセンにあるような子供が乗るやつです。
最近の子供はこの車に乗って美容院デビューするそうです。
いい時代ですね。
豊島区歯科医師会の Y先生ののるS2000ばりのスポーツカーもあり、私もそこに乗って切ってもらいたいという衝動にはさすがにかられませんでした。

ページのトップに戻る

 

2008年03月12日:ホワイトニングのタッチアップ

数年前にホームホワイトニングをさせて頂いたSさんからままどおるを頂きました。
スタッフ一同喜んでおります。
ホワイトニングを行った後は理想的には一年に1〜2回お越しいただきクリーニングを行ったり、必要に応じてホームホワイトニングを短期間行って頂く必要が有ります。
Sさんも半年ぶりの経過観察のため来院して頂きました。
白さを保つ事を、ホワイトニングのタッチアップと呼びます。
ホワイトニング前       ホワイトニング後
whitening_syorei7.png whitening_syorei8.png

そして今も美しい自然な白さを保っておられます。
今回のSさん(とっても奇麗です)
0000001116000sa_Camera_20080308032955.jpg

一旦トレーを製作しホームホワイトニングを行った患者さんの場合、その後に必要となるタッチアップの為のホワイトニングジェルは一本約2週間分で2000円です。気が向いた時に気楽に行って頂けます。
歯の色が気になる方、気軽に白い歯を手に入れ、簡単に自然で白い歯を維持できるホームホワイトニングを体験してみませんか?


Sさんありがとうございました!
0000999999__Panorama_20080308043548.jpg 0000999999_Panorama_20080308043501.jpg
 


クリーニングにいらしたMさんからは舟和のおいもパイを頂きました。
スタッフみんなで美味しくいただきました。ありがとうございました。
DSCF0418.jpg
            

ページのトップに戻る

 

2008年03月11日:インプラント二次手術

インプラントは、通常フィクスチャーと呼ばれる人工歯根部とアバットメントと呼ばれる土台、心棒からなります。この上に被せ物を被せます。
インプラントの分類を大まかに述べます。
1)構造的分類
フィクスチャートアバットメントが一体型のワンピースインプラントと、別々に分かれたツーピースインプラントに分類されます。
2)術式による分類
術式的には骨に埋入して歯肉を閉じ骨接合後二次手術を行いアバットメントを付ける二回法と、埋入時にインプラントのアバットメントをあらかじめ歯肉から出しておく一回法に分類されます。
当医院では構造的にはツーピース、術式的には主に二回法を行っております。
ハイドロキシアパタイトコーティッド(HA)インプラントを用いておりますので、早期に確実な骨接合が得られます。HAが細菌感染するリスクを軽減するため、フラップレスや抜歯即時埋入等を除いて、二回法を行っております。
二回も手術するのは嫌だ!という声が聞こえて来そうですが、安心して下さい。
二次手術は5分、10分で終わる楽な事が多いです。
先月埋入したMさんの二次手術を行いました。
術前            埋入後レントゲン写真
0000001657001_Panorama_20080125224808.jpg 000000165700ma_Panorama_20080209111113-thumb.jpg

パンチアウト後       ヒーリングアバットメント装着
0000001657002_Panorama_20080307230005.jpg 0000001657003_Panorama_20080307230429.jpg


少し麻酔し、小さな穴をパンチで開けて、歯肉形態を整える心棒を付けるだけです。
以上で終わりです。心配はございません。
出血も、痛みも、腫れもほとんど有りません。
歯肉が周囲に少なく粘膜に接する症例では歯肉を増やす場合も有りますが、必要としない事が多いです。
ペリオテストによるPTVは骨もしっかりしていた為、術後4週で-5と良好な数値を示しました。
この後数週間後に型取りをして最終的な被せ物が入ります。
3月5日は啓蟄でしたね。けいちつは大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ、
という意味だそうですが、インプラントがしっかり骨とくっついてこれから咬むぞ!と頭を出す、歯がはえてくるといったイメージでとらえて下さい。二次手術はそんな処置です。

ページのトップに戻る

 

2008年03月09日:青空市場 東京国際フォーラム

今日は朝から、歯科医院の定期清掃でした。
床はもちろん、砂で汚れていた窓ガラスも奇麗にしていただきました。
その後ランチをしました。
IMG_2281.jpg


腹ごなしに東京国際フォーラムで催されていた青空市場に行きました。
青空市場           
IMG_2283.jpg

青空市場のH.Pから抜粋させて頂きますと、
ある時ふと、「都会のど真中に、一般の人が、気軽に各地の生鮮品や、郷土食が食べて買える市場があったら、どんなに楽しいだろう…」。そう思ったのがこのプロジェクトを始めるきっかけでした。
でも、僕らが目指す青空市場は、いわゆる『物産展』とは違います。販売だけが目的ではありません。“生産者の生の声を都会の消費者に伝える『場』を提供すること”、それが僕たちにできることであり、すべきことである、と考えました。
地域自給率の低い都市だからこそ、食材を供給してくれる地方に思いを馳せ、感謝して応援したい。そして、生産者と消費者の交流によって、今までになかった活気あふれる市場が生まれると思ったのです。
青空市場にお越しになる際は、是非、生産者の皆さんと「生産の現場のこと」「食と農」について大いに語り合ってください。普段疑問に感じていることなど、素朴な質問もしてみてください。きっと今まで以上に食べ物に興味が沸いてくると思います。
青空市場の主役は、生産者の皆さんと参加者の皆さんです。

という経緯で、食と農に実際取り組んでこられた永島さんがプロジェクトを立ち上げたそうです。
以前から、米作りや農業に携わってこられた永島さんの考え方に共感し、青空市場に興味があったので、有意義な一日となりました。
IMG_2288.jpg


会場でお団子や大福を買いました。ママにと河合果樹園初恋レモンという無農薬レモンを使ったパンを、レモンサワー作ろうと無農薬レモンを買いました(ナイスアイデア!)。
そのほか、試食させていただいた柚りっ子という柚子みそを買いました。
食の安全性に関心が集まる今、子供たちの未来に不安を感じずにはいられませんでしたが、今日は将来に大きな明るい可能性を感じました。

帰り際に永島敏行さんと写真を撮って頂き、握手していただきました。とても気さくに応じて頂きました。
俳優であり、そしてお米作りをなさっている永島さんの手は、長身で屈強そうな体躯と同様にがっちりとなさっておりしかし柔らかく温かい手でした。

ページのトップに戻る

 

2008年03月08日:診療時間変更のお知らせ

3月8日(土)の14:30〜16:00はインプラント手術を行います。
その間は電話による受付のみとなります。
10:00〜13:00は通常通り診療いたします。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

ページのトップに戻る