歯根破折

歯根は割れてしまうと(竹を割ったように縦に割れた場合をさします、縦破折とも言います)残念ながら保存は難しく、抜歯となります。
骨折しても骨はくっつきますが、歯根はけっしてくっついてはくれません。
患者さんTさんは他院にて根管治療を長い事行っていたが症状が改善しなかったそうです。
担当の先生は根管治療はうまく行ったと判断し、被せ物を入れるとご説明されたそうです。
Tさんは症状が残っているため被せるのは不安で、歯肉から匂いもするのでなんとかしたいとのことで来院されました。
レントゲンで根分岐部に骨吸収透過像がありました。
歯根破折の所見は認められません。
000000171555t_IntraOral_20080128161151.jpg
また肉眼で舌側の歯根にうっすらとひびが入っているのが確認できました。
ひびの入っている所が浅く骨の上で止まっている場合は保存可能ですが、破折が深い所まで及んでいるようなら抜歯するか、前のかかり付けの先生に処置して頂くようお話ししました。
もし、歯根破折が無く保存可能であれば、単なる歯周病なので歯周外科処置を行い分岐部病変を徹底して廓清し再生療法を行う計画を立てました。
外から判断できず、手術によって確定できるのであれば行ってほしい、納得できるとの事。
確認の為の手術を行い、歯根の状態により、抜歯か歯周外科処置をする事になりました。
000000171555t_IntraOral_20080219035343.jpg 000000171555t_IntraOral_20080219041506.jpg 
剥離掻爬したところ、はっきりと遠心根に破折が認められました。
Tさんにも良く確認して頂き、保存不可能である事を再度ご説明し納得して頂き抜歯を行いました。抜歯に際して、骨をなるべく保存する目的で分割を行い抜歯しました。
 歯根破折は、レントゲンなどでもなかなかわかりにくい事があります
。長期に経過するとやっと破折した事がわかるようになるため、しばらく違和感や咬んだときの痛み、膿の味や匂いといった不快症状に悩まされる事になります。
CTで診断が付く場合も有りますし、今回のように歯周外科処置を行い確定する事も可能です。

投稿日:2008年2月28日  カテゴリー:歯周病治療

ページトップへ