ジルコニア セミナー

今日の午後は審美歯科材料修復の新素材であるジルコニアのセミナーに行って来ました。
IMG_1979.jpgIMG_1981.jpg
ジルコニアの登場によって、金属以上の強度を持つセラミック補綴が可能となり、
従来では禁忌症例であったオールセラミクスのブリッジが強度的にも可能になりました。
クラウン、ブリッジ、インプラント、義歯等、多様な審美へのニーズにお応えできる素晴らしい新素材です。
セルコンスマートセラミクス ジルコニア100 の特徴は
1.強度:900MPaの強度をほこり、ロングブリッジも可能
2.審美:オールセラミクスで天然歯に近い審美性を有する
3.生体親和性:金属アレルギーの心配が無く、プラークの付着も少ない
等が挙げられます。
数々の美しい症例報告や、製作行程の説明を受けた後、実際にジルコニアの調整をさせてもらいました。ジルコニアはCAD/CAMで製作しますが、ドイツ、デグサ社製のセルコンスマートセラミクスシステムで実際に製作する過程を見させて頂きました。普段見る機会が無いので、有意義でした。
コンピューターが作ってます!
IMG_1985.jpgIMG_1984.jpgIMG_1987.jpgセラミックを超えたセラミックス セルコン というサイトがありTV CMも有るそうです。
当院にて治療可能ですので、ご興味の有る方はお問い合わせください。

投稿日:2008年1月28日  カテゴリー:2008, セミナー・学会

ページトップへ