ソケットリフト後の補綴処置

10月中旬にソケットリフト法でインプラントを埋入した患者さんです。
PTVの安定が得られたため術後8週目に被せ物が入りました。
0000001378_t_Camera_20071211095604.jpg0000001378_t_Camera_20071211151328.jpg
tt%E8%A1%93%E5%89%8D%E8%A1%93%E5%BE%8C1
下の歯にお入れしたセラミクスクラウンの歯冠長が短かかったことから、セラミクスへのダメージが少ないように上の被せ物の噛む面はPGAの金合金を用い、審美性を考慮して見える箇所はセラミクスとしました。
機能性、審美性両面において患者さんの満足を得られました。
臼歯部において、最後方に位置する大臼歯などの力が著しく加わる箇所や、繊細な咬合関係を与えたい場合、噛む面は一部金属の方が適している場合も有ります。
下の歯はお口を少し開くと噛む面が見えてしまいますが、上の歯の噛む面は相当大きな口を開けない限り見えないため、貴金属を用いて噛む面を作らせていただく事も有ります。
今回は壊れてしまったブリッジの再治療の際にインプラントを埋入させていただき、ブリッジのようにたわむ事も無くなり、連結せず全て単独で被せさせていただいた為、補綴物の破損は防げることでしょう。

投稿日:2007年12月12日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.2

ページトップへ