マグネットデンチャー

入れ歯を安定させる方法の一つに、磁性アタッチメント(磁石、マグネット)があります。
マグネット義歯の利点は、クラスプというバネによって残存歯が揺さぶられることが無く、義歯の安定、残存歯の保存が出来る事です。
残存歯が減少するにつれて、残っている歯への負担が増大するため、神経を抜いた歯であれば、頭の部分を落としてマグネットにする方法が有効です。また、歯根だけ残してキャップを被せてある根面板(コーピング)の状態であれば、積極的にマグネットにする事をお勧めします。
数歯あれば安定が得られますが、一歯もしくは無歯顎の場合、インプラントを一本でも埋入する事によってリーズナブルに安定した快適な義歯の環境が得られます。
歯根2カ所にマグネットキーパー装着 義歯にマグネット装着
DSCF0047.jpgDSCF0043.jpg
義歯をお入れになった所
DSCF0045.jpg
頭頸部のMRI撮影をする場合、マグネットキーパー(これ自体は磁石では有りません)が口腔内にある場合像のゆがみが起きる場合があります。これを解消するには、取り外し式のマグネットキーパーであるMACS SYSTEMもあります。
2329shi-thumb.jpg
マグネットデンチャーによって、義歯自体を薄く小さく異物感を少なくし、さらに義歯の安定も得る事が可能となります。

投稿日:2007年12月5日  カテゴリー:その他の治療

ページトップへ