ミルク生まれのMIペースト

当医院では、PMTCの際に歯の再石灰化能力に優れたMIペーストを良く用います。
MIペーストにはCPP-ACP(リカルデント)が入っています。
○リカルデントは、メルボルン大学のレイノルズ教授らのグループによって開発された牛乳由来タンパク質の分解物であるカゼインホスホペプチド(CPP)と、非結晶性リン酸カルシウム(ACP)の複合体です。
CPP-ACPはカルシウムとリンと過飽和状態(高濃度)で口腔内に供給してくれます。
f00026-2.jpg
 
○歯に大切なミネラル(カルシウム・リン)
歯質は、ハイドロキシアパタイト結晶でできており、その結晶はミネラル(カルシウム、リン)で構成されています。MIペーストには、唾液と比較してはるかに豊富なミネラル(カルシウム、リン)が含まれています。
○口腔内環境の中和作用と緩衝作用
MIペーストには、細菌の産生する酸によって酸性状態に傾いた口腔内を中性に戻す中和作用と、酸性状態になりにくい状態を維持する緩衝作用を持っています。
○5種類のフレーバー
MIペーストは、ストロベリー、メロン、子供に人気の高いヨーグルト、バニラ、アダルト向けのミントの5種類をラインナップ。予防を続けていただくための飽きのこないフレーバーです。
f00026-5.jpg
○MIペーストには再石灰化作用だけでなく、知覚過敏抑制の効果もあります。
PMTC,予防処置などの際に好みのフレーバーが有りましたら、お申し付けください。
乳搾り(マザー牧場にて)
mfrm2007-thumb.jpg

投稿日:2007年12月4日  カテゴリー:おしらせ

ページトップへ