正中離開・Diastema #2

前歯の隙間と、左の前歯が前に出て来てしまった事を気にし来院されました。
術前               術後
0000000059_Camera_613160648.jpg 0000000059__IntraOral_20071227011738.jpg0000000059__IntraOral_20071226214539.jpg
右上の変色歯は神経の無い歯で根管治療の不備もあったため、再根管治療後、ウォーキングブリーチによる歯の漂白を行い周囲の歯と色調を合わせました。
正中離開(歯の隙間)、歯の揺れ、歯頚部の黒ずみ、変色歯などが改善されSさんも喜んでおられました。

投稿日:2007年12月28日  カテゴリー:審美歯科治療

ページトップへ