オークヴィル 2004

昨夜は仕事納めの後、妻のご両親をお迎えして食事に行きました。
某ホテルの鉄板焼きのお店に行きました。
今日は松坂牛がありますとの事で迷わず(本当は迷いに迷いまあ一年に一回ぐらいいっかということで)決めました。ワインも迷いましたが、ナパバレーのロバートモンダヴィ、カベルネソービニヨン オークヴィル2004をセレクトしました。モンダヴィはいつどこで飲んでも美味しい(猪木のいつ何時誰の挑戦でもうける、みたい?)と言いますがまさにそのとおり美味しかったです。
オークヴィル 2004       松坂ギュー☆
IMG_1751.jpg IMG_1763.jpg
この一年間が走馬灯のように浮かんでは消え、と思いきや、目の前のパフォーマンスに吹き飛ばされそれどころではなく、ワインと料理の至福の時を家族と供に過ごしました。
いろいろなジャンルの料理とスタイルがありますが鉄板焼きというスタイルも時に無性に行きたくなります。お寿司屋さんのカウンターのような緊張感は無いけれど、焼き肉屋さんのようなアットホームさでも無く。
素材を生かしながら目の前で適度に調理してくれる華やかさと醍醐味があり、仕事納め後の晩餐にはぴったりでした。
絶妙に焼いていただきました 
IMG_1758.jpg     
本日は知り合いの方の応急処置で午前中歯科医院にいました。
幸運にも連絡がついて良かったです。ガーリック臭くてごめんなさいね。
明日からは東京におりません。緊急時には昨日のブログに書きましたとおりにお願いします。
いよいよ今年も後僅か、名残惜しいですね。

投稿日:2007年12月30日  カテゴリー:ワイン

ページトップへ