顎間ゴム 矯正治療

矯正治療は何かと患者さんにわずらわしさや多少なりとも苦痛をしいることになります。
また、患者さんご自身に治療に参加していただく事も多くなります。
取り外し式の装置を入れていただいたり、数日に一回装置のねじを回してもらったり、等など。
今回ご紹介する顎間ゴム(エラスティック)もその一つです。
DSCF0140.JPGDSCF0141.JPG
上下歯列のズレや歪みを補正するのに用います。毎日新しいゴムに交換していただきます。
最初は鏡を見ながら装着していただきますが、なれると感覚で出来るようになります。
24時間使用で食事の時にはずしますが、慣れてくると装着したままでも食事ができるようになります。
用途に合わせていろいろな強さ、長さのゴムが有ります。
0000999999_%E3%81%A6%E3%81%99%E3%81%A8%20%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%97%E3%82%99%E3%82%83_Camera_20071112182157.jpg
毎日がんばって使用していただく事によって、ずれていた真ん中が合ってくる、出ていた下あご(または上あご)が入ってくるなどといった現象が日々少しずつ起きてきますので、
根気強く使用していただきます。まさに継続は力なりですね。

投稿日:2007年11月30日  カテゴリー:歯列矯正治療

ページトップへ