ラミネートベニアの出来るまで(1)

ラミネートベニアは、歯の切削量を最小限に審美性を得られる方法です。
kさんは、前歯2本にある充填物の変色と翼状捻転(鳥が翼を拡げたような)
が気になり来院されました。
DSCF0090.JPG
DSCF0093.JPGDSCF0095.JPG
前歯2本をラミネートベニアで修復しました。
DSCF0207.JPG
DSCF0208.JPGDSCF0210.JPG
先ずは患者さんの歯型を取り模型を作り、咬合器という器械につけお口の中を再現します。
その模型上でモックアップ(診断用ワックスアップ)という方法で、
理想的な歯の状態を作り上げます。
世界的に有名な審美歯科のパスカル・マニエ先生と
そのお兄さんのミシェル・マニエ先生に教えていただいた方法の一部です
DSCF0125.JPG

投稿日:2007年10月10日  カテゴリー:審美歯科治療

ページトップへ