ソケットリフトとインプラント埋入

ソケットリフトを行った症例です。
人工サファイアインプラントがグラグラして疼痛を訴えていました。
サファイアインプラントを撤去し、人工骨を填入し骨の成熟を待ちました。
手前(右側)には通法に従いインプラントを埋入し、奥の2本はソケットリフトを行った後にインプラントを埋入しました。
初診時とインプラント埋入直後です。
0000000969%E8%A1%93%E5%89%8D0000000969%E8%A1%93%E4%B8%AD
約2ヶ月後の状態です。人工骨が周囲の骨に置換されなじんでいる状態です。
0000000969%E8%A1%93%E5%BE%8C

投稿日:2007年10月4日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.1

ページトップへ