[2007.10.31] 
最新情報
抜歯即時義歯→インプラント

仙田歯科医院紹介動画

新着情報

新着情報:2007年10月分

« 2007年09月 | | 2007年11月 »

2007年10月31日:抜歯即時義歯→インプラント

上顎のブリッジが全てグラグラしてしまった患者さんです。
0000001048_ny_Panorama_20061109165604.jpg


0000001048_ny_Camera_20071019103054.jpg


0000001048_ny_Camera_20071019103104.jpg0000001048_ny_Camera_20071019103113.jpg


ブリッジは全て保存不可能なため、治療を行う場合は抜歯しかありません。
数ヶ月は現状維持の為予防処置を行っていましたが、ブリッジの動揺が増して行く中で、
カウンセリングを行ううちにインプラント治療を希望されるようになりました。
インプラントを行う為には、先ず抜歯が必要です。
抜歯をしインプラント手術を行い補綴物が入るまでの期間、歯が無い訳には行きません。
日常生活に支障をきたします。そこで抜歯即時インプラント埋入即補綴物のセットと行きたい所です。
がしかし、そこまでの特殊な技術の習得はこれからですので、従来通り、抜歯し、治癒を待ち、インプラント埋入、補綴物の作製という方法で治療させていただくことにしました。
抜歯したその日に最低限でも義歯が入るように、抜歯前に型取りを行っておき、
抜歯即時に義歯をお入れしました。
0000001048_ny_Camera_20071019111906.jpg


0000001048_ny_Camera_20071019111919.jpg0000001048_ny_Camera_20071019111949.jpg


抜歯後一週間経過し、義歯の具合も良好です。
患者さんは一時期とはいえ上顎の全ての歯を失う事を大変心配しておられたので、
ほっと一安心しておられます。今後数回に分けてインプラント埋入手術を行う予定です。

ページのトップに戻る

 

2007年10月30日:前歯の捻転 非抜歯矯正(舌側→頰側)

前歯の捻転(ねじれ)を気にして来院した患者さんです。
0000000786_kf_C%E2%80%A660619131%20oo0000000786_kf_C%E2%80%A660619131%20%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC

上の前歯に叢生が有り前歯がかなり捻転しています。下顎前歯にも叢生が有ります。
小臼歯4本を抜歯する事無く行う、非抜歯矯正治療を希望されました。
その為には先ず、舌側から歯列弓の扇状拡大、側方拡大をはかりました。
後戻りを防ぐ為に、大臼歯、小臼歯の舌側傾斜を改善し正直させる目的も有ります。
3Dリンガル装置で第1大臼歯のコントロールを行い、3Dクアッドへリックス、
3Dクアッドアクション装置で側方歯群の扇状拡大、側方拡大を行いました。
0000000786_kf_Camera_20070911121346.jpg0000000786_kf_Camera_20071026114117.jpg

前歯が並ぶ為のスペースが出来、わずかに捻転も改善されています。
初診時            舌側矯正終了時
0000000786_kf_C%E2%80%A660619131%20oo0000000786_kf_Camera_20070911121334.jpg

先日、上下ともにマルチブラケットとワイヤーを装着し頰側での仕上げの矯正がスタートしました。
0000000786_kf_Camera_20071005114207.jpg0000000786_kf_Camera_20071026115600.jpg

ここからはどんどん理想的な位置に動いてゆきます。
0000000786_kf_Camera_20071026115753.jpg0000000786_kf_Camera_20071026115827.jpg

審美的な歯列、機能的な噛み合わせを患者さん共々作り上げて行く所です。

ページのトップに戻る

 

2007年10月29日:マザー牧場

昨日の日曜日は豊島区歯科医師会の皆さんとマザー牧場に行ってきました。
バス二台に分乗しての日帰りツアーでした。
大型バスーに乗ってますー♫   お菓子の配給
IMG_1366.jpgIMG_1365.jpg

台風一過の快晴で雲一つない天気に恵まれ、大変楽しい一日となりました。
8時に豊島区公会堂前集合で、東京湾アクアラインを通ってマザー牧場へ向かいました。
済んだ空気に遠く富士山が望めました
IMG_1372.jpg


皆さん家族連れで参加されていました。
実際行ってみると、予想したよりもとても広く内容も充実していていい所でした。
施設は、動物とふれあえるアトラクションがあったり乳搾りが体験できたり、オルゴールが作れたりと、参加した子供たちにとっても素晴らしい体験ができ良い思い出になったと思います。
IMG_1385.jpgIMG_1390.jpg

お昼はみんなでジンギスカンでした。
IMG_1393.jpg

6時頃帰ってきました。
車窓から遠くに富士山や横浜ランドマークタワーなども見えました。
IMG_1411.jpg

普段顔を合わせる歯科医師会の仲間だけでなく家族共々参加するレクリエーションもいいものですね。

ページのトップに戻る

 

2007年10月28日:診療時間変更のお知らせ

10月30日(火)は、午後インプラント手術の為、一般診療を午前中の13:30までとさせていただきます。ご了承ください。

ページのトップに戻る

 

2007年10月27日:壊れたカンチレバーブリッジ

海外でインプラント治療を行った患者さんです。
右下のカンチレバーのブリッジが壊れてしまいました。
mybomyao

カンチレバーの構造は歯科領域では延長ブリッジとして多用されてきました。
天然歯の場合、歯根吸収、歯槽骨吸収、歯の破折など長期的予後は良く有りません。
インプラントに用いる場合、補綴物の破損に注意を要するようです。
セラミクスブリッジは金属フレームにたわみが生じるため
カンチレバー部位にセラミクスの破損が起こっていました。
アバットメントはスクリューのゆるみも生じており負荷の大きさが伺えました。
スクリューは30Nで絞め直しました。
同様な再治療では再度壊れる可能性もあるので、インプラントを追加埋入
させていただきました。
実は海外でインプラントを行ったとき当該部位にもインプラント埋入したところ
失敗してしまったとのこと。
レントゲン診査やボーンマッピングで埋入可能と判断し行いました。
良好に経過した為、先ずインプラント前に既存のインプラントに補綴した後、
追加埋入インプラントにもセラミクスで補綴しました。
0000000888_my_Camera_20070522145644.jpg

カンチレバー構造の無理な力が加わる事無く補綴を行ったため、長期的な安定が望めます。
カンチレバーと言えば、フランク・ロイド・ライトのカウフマン邸が有名ですね。
こちらはもちろん壊れないでしょうけれど(写真はwikipediaより)
%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%B3%E9%82%B8wikipedia.jpg

ページのトップに戻る

 

2007年10月26日:バルプラストデンチャー ♯2

先日バルプラストデンチャーが入った患者さんが、下の歯にも希望されたため
下顎の入れ歯を作製させていただきました。
0000000709_n_Camera_20070802100149.jpg0000000709_n_Camera_20071011095845.jpg


前回は患者さんに、入れ歯のバネに相当する部分の色をもっと透明に近づけると
入れ歯を入れている事が判りにくくなるのではとご指摘を受けました。
そこで今回は技工師さんにお願いして歯にひっかかる部分をかなり
半透明にしていただきました。
0000000709_n_Camera_20071011092446.jpg


その結果、自然感が増し患者さんも喜んでいただけました。
0000000709_n_Camera_20070913100047.jpg0000000709_n_Camera_20071011095717.jpg


こういったやり取りで良い結果が得られることはとても嬉しい事です。
今後とも、患者さんを中心に歯科医師、技工師さん、衛生士の連携で
患者さんの健康の回復、維持、増進に貢献して行きたいと思います。


そう、かつてのオランダトリオのような連携!
c0025217_13574915.jpgwatasi.jpg

ページのトップに戻る

 

2007年10月25日:期限がのびて安心、、、

春からマルチブラケットによる矯正治療を始めた患者さんです。
年明けから海外赴任となるかもしれなくなり、今後の予定をどうしようか悩んでおりました。
途中で中断するのか、急いで終わらせるのか?
先日そのお話が先に延び、じっくり治療が続けられる事となりほっとしました。
4月スタート時点
%EF%BC%91.jpg%EF%BC%92.jpg


8月時点
%EF%BC%93.jpg%EF%BC%94.jpg


10月時点
%EF%BC%95.jpg%EF%BC%96.jpg


前歯はセラミクスブラケット、臼歯はプラスティックのクリアブラケットを
使用しているため、あまり目立たずに治療が行えております。
夏まではレベリングというある程度そろえる処置を行っていましたが、
現在前歯を中に入れたり正中を合わせたり、適切な噛み合わせを与えている所です。
来院間隔を少し短めにしていただいた為に歯の並ぶペースを早くする事が可能でした。
年明けには微調整に入れそうです。じっくり細かい所を仕上げてゆきましょう。

ページのトップに戻る

 

2007年10月24日:抜歯窩へのインプラント埋入

右下第2小臼歯が割れてしまった患者さんです。
%E8%A1%93%E5%89%8D

割れた歯根を抜歯し、インプラントを埋入しました。
歯根が割れてしばらく経過していた事が予想され歯根周囲の歯槽骨が大きく吸収
していました。
感染もあったため掻爬し創傷治癒促進効果のあるコラプラグというコラーゲン製剤を充填し、骨の治癒を待ちました。
経過観察の後、インプラント手術を行いましたが、期待したほどの骨再生は認められませんでした。
一番直径の太い 5mmのインプラント体でも周囲に1mm強の隙間がありました。
後方のインプラントは通常通りドリリングし埋入しました。
埋入直後(太いインプラント周囲に黒い陰、骨の隙間が有ります)
%E5%9F%8B%E5%85%A5%E7%9B%B4%E5%BE%8C


埋入後9週経過時点
%E5%9F%8B%E5%85%A5%E5%BE%8C%E7%B5%8C%E9%81%8E

抜歯窩に埋入したインプラント体周囲に有った隙間(黒い陰)が消えて、
新生骨で充たされているのがわかります。
PTVは後方のインプラントが −5、抜歯窩埋入インプラントが−4と良好でした。
HAインプラントの骨伝導性によって強固な骨接合を得ることができました。
現在は仮の歯をお入れして噛み合わせをなじませている所です。
経過観察後に最終的な被せ物をおいれします。
プラスティックの仮の歯が入った状態
5sajpro.jpg

ページのトップに戻る

 

2007年10月23日:ハイドロキシアパタイトインプラントを使用する理由

当院では一貫してハイドロキシアパタイコーティングインプラント(HAインプラント)を使用しています。
%E6%8A%9C%E6%AD%AF%E8%A8%B1%E5%AE%B9%E3%82%B9%E3%83%98%E3%82%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%20%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC

インプラントを行う場合、通常穴を開けて入れる訳です。
この際、決まった直径の ドリルで穴を開けるのでそこに同直径のインプラントを入れれば隙間は開きません。しかし、インプラントをする場合、抜歯せざるをえない歯を抜歯し、
そこに埋入する場合もたくさんありますし、抜歯後経過しクレーター状になったり裂け目がある 骨に埋入しなければならない事も有ります。
すなわち、すかすかの所に入れなければならない場合もあるわけです。
イメージ的に、くっつかなそう、抜けちゃいそうだと思いますよね。
実際従来のチタンインプラントでは、その隙間は0.3mmしか許されません。
それ以上の隙間がある場合、GBR法などを用いて骨を作ってあげる必要が有りました。
ところが、HAインプラントは骨とインプラント体の隙間がなんと1.5mmまで許容されるというデータが有ります。(5倍ですね)
ハイドロキシアパタイトは骨伝導を有するため、隙間の骨再生を促す事が可能なのです。
この患者さんは抜歯後即時に4本のインプラントを埋入しました。
抜歯した穴は根元から上に向かってロート状に開いています。上の方は場所によっては1.5mm程度隙間が有るかもしれません。HAインプラントなら特殊な術式は不要で、じっくり骨が出来てくれるのを待つのみです。
抜歯即時埋入直後(特に右端、左端のインプラントに隙間が多く見られます)
%E7%9B%B4%E5%BE%8C%E5%8F%B3%E7%9B%B4%E5%BE%8C%E5%B7%A6

埋入後8週経過時点
(右左両端のインプラントにあった隙間が新生骨で充たされているのがわかります)
%E7%B5%8C%E9%81%8E%E5%8F%B3%E7%B5%8C%E9%81%8E%E5%B7%A6


レントゲン上のみならず、ペリオテストでPTVを経時的に測定しながら
客観的に骨との接合オッセオインテグレーションを観察します。
この症例では埋入約8週後にはPTV−2となったため補綴処置可能となりました。
HAインプラントは本当に頼もしいインプラントです。

ページのトップに戻る

 

2007年10月22日:ソケットリフト ♯2

右上第1第臼歯部位にインプラントを埋入する際にソケットリフトを行いました。
患者さんの右上臼歯は第1大臼歯欠損でセラミクスブリッジが入っていました。
下顎は第2大臼歯欠損で、第2小臼歯、第1大臼歯にセラミクスのクラウンが入っていました。
患者さんは奥歯の咬合力が強い為に上下ともにセラミクスが割れてしまっており、
再治療を行うにあたり、同じ方法ではまたいずれ同じ結果が待っています。
しかし、審美性を考慮し、出来れば白いセラミクスが希望でした。
そこで下顎第2大臼歯部にインプラントを埋入し咬合負担領域を増やし、
上顎は、被せ物の高さがとれない事も有り、ブリッジではたわみが生じてセラミクスが
また割れてしまうため、第1大臼歯部にインプラントを埋入にそれぞれ単独でセラミクスを
被せる事にしました。
tt%E8%A1%93%E5%89%8D%E8%A1%93%E5%BE%8C1


第1大臼歯相当部位の骨の厚みは約6.5mmしか有りません。インプラントを埋入
しようとすると上顎洞につきでてしまいます。そこでソケットリフトを併用して
人工骨を用いて約3mm上顎洞底を挙上し、10mmのインプラントを埋入しました。
10mmのインプラント体   以前ご紹介した「オステオトーム」
%E8%A1%93%E5%BE%8C20000999999_%E3%81%A6%E3%81%99%E3%81%A8%20%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%97%E3%82%99%E3%82%83_Camera_20070929135642.jpg


仮の歯を調整したり麻酔や止血を含めると約一時間かかりましたが、インプラント
手術自体は正味30〜40分くらいで患者さんの負担も少なく済みました。
術後に、術中の感想をお聞きしました。
コンコン!とたたく時は痛かったですか? 「痛みは無かったです。」
響きましたか?「はい、響きました。でも痛くは無かったですよ。」とのことでした。
マレット(小さな金槌状の物)でたたくため、どうしても振動が伝わってしまうのですが、可及的に不快症状が出ないように努めました。
土曜日が消毒の日だったため、術後の状態をお聞きしたところ、鎮痛剤を服用せずに済んだそうです。サイナスリフトと異なり低侵襲に行える事がやはりこの術式の利点であると再認識出来ました。
欠損に対して従来、第1選択はブリッジが当たり前でした。
しかし、欠損前後の歯を切削する、ブリッジが壊れる、ブリッジを支えている歯根や歯槽骨がダメージを受ける、歯間ブラシなどを用いた清掃が煩雑である。等々デメリットも多く発生します。
インプラントがファーストテョイスとなる日が来ているのかも知れませんね。

ページのトップに戻る

 

2007年10月21日:青山

今日は穏やかな日曜日でしたね。青山に行ってきました。
IMG_1357.jpg

私は何だか青山辺りに行くとうきうきしてしまいます。
大好きなBlue Note Tokyoもあるしインテリアショップなどもあるし、、、。
でも、本日の目的は私以外の用事でした。
お昼は 傳の栞といううどん屋さんで食べました。
麺は手打ちで関西風の出汁が効いていて、とても美味しかったです。
IMG_1356.jpgIMG_1355.jpg


その後はDolce MariRisaでケーキを買って帰りました。
IMG_1359.jpgIMG_1358.jpg

本当は表参道ヒルズに行ったりあちこち買い物もしたい所でしたが。
家に帰ってからお茶をしながらケーキを食べ一息つきのんびりしました。
医院は月から土曜まであるため、のんびり過ごす時間は日曜だけになります。
講習会、学会などあると土日にかかる事が多く、家にいる時間が無くなります。
こういった平凡な日曜日を家族とのんびり過ごせることに大きな幸せを感じました。

ページのトップに戻る

 

2007年10月20日:インプラントと磁性アタッチメント

欠損部にインプラントをした場合、通常はブッリッジのような被せものが入ります。
欠損部の範囲が広ければ広いほど通常インプラントの本数は増えます。
多数のインプラント上にブリッジや取り外し式の入れ歯を入れる事も有ります。
インプラント手術に対して恐怖心を持っている方は、
いきなり何本ものインプラント手術を行う事に抵抗感が有ります。
また費用的にもそれだけ負担が大きくなります。
1329shi.jpg


そこで先ず最小限のインプラント数を埋入してそのインプラントと磁性アタッチメント
(マグネット)を組み合わせて安定感のある部分いればを入れる方法も有ります。
この方法は発展性があり、後からインプラントを追加埋入して行き、
徐々にブリッジタイプにして行く事も可能です。
部分入れ歯が入っていましたが徐々に緩くなり安定が悪くなるため数年おきに
作り直していたそうです。
義歯がゆるくなるのは、義歯を入れている事によって義歯の乗っている歯肉の
下の骨が年間1mm程度溶けてしまうからです。
そこでインプラントを義歯の下に埋入しマグネットキーパーをネジどめし、
もう一カ所天然歯にもマグネットキーパーをつけました。
この2カ所のマグネットで義歯を安定させ、なおかつ義歯を小さくする事が
可能となりました。
2329shi.jpg3329shi.jpg

利点は、
1.マグネットキーパーは取り外し可能なので、頭部のMRI撮影が必要となった際にも
 外して撮影ができ、画像の乱れを起こさずに済みます。
2.クラスプと呼ばれるバネを残っている歯にかける必要がなく他に残っている歯に
 負担をかけません。
3.義歯の下の骨吸収を最小限に抑える事が出来ます。
4.義歯を小さく出来るため使用感が良くなり、異物感も減ります。
入れ歯が安定せず困っている方、インプラントは興味が有るけど怖いなーと思っている方、まず1〜2本のインプラントとマグネットから始める方法も有ります。

ページのトップに戻る

 

2007年10月19日:診療時間変更のお知らせ

10月19日(金)は、午後インプラント手術の為、一般診療を午前中の13:30
までとさせていただきます。
また、豊島区歯科医師会保険委講習会出席のため、午後の診療を
18時までとさせていただきます。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
2007-sinkaikan.jpg

ページのトップに戻る

 

2007年10月18日:歯周治療と矯正治療

会社の検診で歯周病が重度に進行している事を指摘されたTさんです。
かなりの数の歯を抜歯しなければいけないと言われ怖くなってしまったそうです。
初診時の状態です。
krtyu%E8%A1%93%E5%89%8D%E5%88%9D%E4%B8%AD

術後の写真とレントゲンです。
%E8%A1%93%E5%BE%8C%E3%83%A1%E4%B8%AD.psd

歯周治療、矯正治療、補綴治療をしっかりと行うことにより、
多くの歯を助ける事が出来ました。
まず、全体的に歯周外科処置を行い歯周環境を整えました。
歯周外科を行う事によって抜歯となる歯は最小限で済みました。
その後、上下前歯を中心に矯正治療を行いました。
右上の前から2番目の歯は歯槽骨の吸収が激しかったため矯正治療前に抜歯となりました。
前歯には矯正後、審美的な被せ物を入れました。
奥歯には根の治療等を施し、しっかりとした被せものを入れました。
しっかりと噛む事も可能となり、前歯の審美性も獲得できたため、
Tさんも大変満足されていました。
後は良好な状態を維持するため定期的なケアと予防を患者さん共々行う予定です。
適切な歯周治療と矯正治療および噛み合わせの確立のための補綴治療を行えば、
重度に進行した歯周病でも治療は可能です。

ページのトップに戻る

 

2007年10月17日:エムドゲイン 再生療法 (2)

術前術後のレントゲン写真です。
術前                術後
x%E7%B7%9A%E8%A1%93%E5%89%8Dx%20%E7%B7%9A%E8%A1%93%E5%BE%8C

垂直性の骨欠損に対して明らかに歯槽骨の新生が認められます。
エムドゲインゲルを用いた再生療法を行うと、
強固な付着機能を備えた歯周組織の再生が期待できます。
以下にイラストで示します。
( Emdogain Gelのリーフレットより抜粋しました)
%E6%AD%AF%E5%91%A8%E7%97%85


%E6%AD%AF%E5%91%A8%E5%9B%B2%E7%97%85%E6%B2%BB%E7%99%82%E5%BE%8C%20%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC

この方法を用いると、従来の歯周外科処置では得られなかった理想的な
真の歯周組織の再生が得られます。
しかも低侵襲に行える手術なので、術後の疼痛、腫れも最小限です。
重度の歯周病の進行を指摘されお困りの方、安心してご相談ください。
エムドゲインゲルは エナメルマトリクスデリヴァティブ(EMD)
を主成分としてた歯周組織再生誘導材料です。
スウェーデンのビオラ社で開発され、2005年時点で世界39カ国
で使用されています。

ページのトップに戻る

 

2007年10月16日:エムドゲイン 再生療法 (1)

失ってしまった歯周組織を回復する方法には再生療法があります。
以前GTR法をご紹介しましたが、もう一つのエムドゲイン法のお話です。
こういったお薬を失った歯周組織中の歯根面に塗布します。
emd%E5%A1%97%E5%B8%83

Mさんの右下第一大臼歯です。
もともと銀歯が入っていて、歯槽骨の吸収が根の近心、遠心に著名にあり、
ぐらぐらして噛めない、力が入らないという状態でした。
銀の歯を外し仮の歯にし、噛み合わせを適切にあたえました。
その後通法に従い剥離、掻爬、廓清し、エムドゲインゲルを塗布しました。
塗布する前にすぐに歯肉弁が閉じられるよう
仮縫いしておくと確実で速やかに処置が行えます。
術前            剥離
DSCF0030.JPGDSCF0032.JPG


エムドゲイン塗布      縫合
DSCF0034.JPGDSCF0035.JPG

補綴後
m%E8%A1%93%E5%BE%8C


術後3ヶ月経過観察し、審美的なセラミクスクラウンによる補綴処置を行いました。
最初の主訴であった、グラグラし噛めない、力が入らない
といった症状は改善され、審美的機能的にもMさんに満足していただけました。

ページのトップに戻る

 

2007年10月15日:ボーンスプレッディング(2)

先月の18日にインプラント手術を行った患者さんです。
2週間後には二次手術を行いました。切開剥離といった大変な手術では無く
歯肉に専用の器具でパンチするだけなので10分くらいで終わりました。
1yt.jpg000000362_%237031D.jpg

歯肉の治癒を促すため、ヒーリングアバットメントというキャップが付きました。
その際型取りを行い、1週間後にプラスティック製の仮歯が入りました。
2yt.jpg

その数日後にはイタリア旅行に出かけられました。
フィレンツェからローマまで巡られるそうです。
食の都で美味しい料理が食べられますよう祈っております。
お戻りになったら最終的なセラミクスを被せましょうね。
フィレンツェといえばビステッカアラフィオレンティーナという
Tボーンステーキが有名です。
DSCF6265.jpg


それとサッカーチームのフィオレンティーナも有名です。
バティゴール!懐かしいです。
atlebatifio2.jpg

ページのトップに戻る

 

2007年10月14日:運動会

運動会シーズンたけなわですね。
昨日は薄曇りで時々薄日が射す運動会にはもってこいのいい天気でした。
私は今でこそ割と細身ですが、子供の頃はクラスで一二の肥満児だったので
足がものすごく遅い子でした。運動会は良い思い出がありません。
みんなで食べるお弁当がおいしかったな〜という記憶が残るのみです。
今運動会やったら負けないんだけどな〜〜〜。

ページのトップに戻る

 

2007年10月13日:ロングスパンブリッジは?

ロングスパンブリッジが入っていた患者さんです。
ロングスパンブリッジとは長いブリッジをさします。
12


ついこの間構造欠陥によりミネソタで橋が落ちる悲しい事故が起こりましたが、
こういったブリッジが入ってると、口腔内でも深刻な事態が起こります。
橋桁にあたる歯や歯槽骨にダメージが加わり、だめになってしまいます。
ブリッジが壊れることもありあますがもっと怖いのは、
歯根破折を起こしたり、歯周組織の吸収が起こり
取り返しがつかない状態になることです。
この患者さんの場合、右下最後臼歯周囲の歯槽骨が全て溶けてしまいました。
グラグラして噛めず、膿みがいつも出続ける状態でした。
一番奥の歯を抜歯しました。周囲の歯槽骨は壊滅的な状態で、
インプラントは不可能でした。ブリッジがかかっていた部分の歯槽骨は温存
されていたため、その部位に2本のインプラントを埋入しました。
オッセオインテグレーションを待ち、6週後にはセラミクスクラウンが入りました。
審美的機能的にMさんの満足を得られました。
左も同様な状態だったので、今後インプラント予定です。
000000051109_Pa%E2%80%A680327231256.jpg 000000051109_Pa%E2%80%A6327231135_2.jpg


よくあるケースは、大臼歯を2本失ってしまい一番奥の親知らずとつないだ
長いブリッジがあります。親知らずだけでなく、手前のブリッジをかけた歯も
やられてしまう恐れがあります。
自覚症状の無いまま深刻な歯周組織の崩壊が起こっている事があるので、
定期検診の際にはレントゲンでチェックしてもらいましょう。

ページのトップに戻る

 

2007年10月12日:ラミネートベニアの出来るまで(3)

後は信頼している腕の良い技工士さんにお願いします。
DSCF0158.JPGDSCF0156.JPG

宝石のように美しいセラミクスのシェルが完成しました。
天然の歯は美しいのです。その美しさを再現し長期間維持できるのはセラミクスのみです。
DSCF0165.JPGDSCF0163.JPG


せっかく作成していただいたセラミクスも接着でミスをするとだいなしです。
DSCF0090.JPGDSCF0204.JPG


この症例はもともと変色した修復物がいくつか入っていましたので矯正治療
は行いませんでした。ヴァージントゥースであれば矯正治療が第一選択
であったかもしれません。天然歯に勝る美しさはありませんからね。
天然歯を良く見て観察しなさい。天然歯を模倣しなさい。
とマニエ先生は言っていました。
兄のミシェル先生は歯科医師、歯科技工士は芸術家でなくてはならないと言っていました。
技工士さんはこんな美しい人工臓器を作り出すのですから確かに芸術家です。
私も心の片隅ではいつも、芸術家であれたらな〜〜と願っています。

ページのトップに戻る