サファイア→HAインプラント

現在使用されているインプラントはチタンインプラントが主流です。
過去には人工サファイア製のインプラントが使用されていた時期もあります。
先日サファイアインプラントが入っている患者さんのブリッジがグラグラしてきたため撤去しました。撤去後に骨補填材を充填し骨の成熟を待ち、新たにハイドロキシアパタイトコーティング(HA)インプラントを埋入しました。
仮の歯で慣れていただいき噛み合わせが安定した後、本日セラミクスクラウンが入りました。 インプラント埋入後と、セラミクスクラウンが入った所です。
サファイアインプラント撤去前   HAインプラント埋入後
000000096912ik_Panorama_20061003120002.jpg 000000096912ik_Panorama_20070623153046.jpg
インプラント埋入後
0000000969_%236EBB9-thumb.jpg 
補綴処置後
000000096912ik_IntraOral_20080319223331.jpg 000000096912ik_IntraOral_20080319223304.jpg
サファイアインプラント(バイオセラムなど)でも臨床的に問題なく経過する症例も多いですが、もし、ぐらついてきたりうまく噛めない時は歯科医師に相談しましょう。

投稿日:2007年9月7日  カテゴリー:インプラント, 症例vol.1

ページトップへ