上顎インプラント

昨日左側上顎臼歯にインプラント上部構造が入った患者さんです。
ttsoinp20000001378_tt_Camera_20070925164114.jpg
しばらく左上が欠損しており、下顎の臼歯がかなり廷出していました。下顎はセラミクスの奇麗な被せ物が入っていたため壊さずそのまま使用させていただきました。そのため噛み合わせがきつく、被せ物の高さが低くなったため、大臼歯部はメタルで作らせていただきました。メタルも噛み合わせに最適な白金加金を使用しました。小臼歯部は審美性を考慮してセラミクスクラウンにさせていただきました。
30000001378_tt_Camera_20070925094856.jpg40000001378_tt_Camera_20070925094913.jpg
スクリュー固定法なので噛む面にねじ穴が見えます。下顎の場合目立つ症例もありますが、上顎なので相当口を大き開いて上を向かない限り見えませんので心配有りませんし、歯と同色調の材料でねじ穴を塞ぐのであまり目立ちません。今後は右下に埋入したインプラント上にセメント合着式で奇麗な被せものをお入れし、上顎にもソケットリフトを行いながらインプラントを埋入する予定です。下の歯の場合、セメント合着の方が審美性に優れます。左右の奥歯が仮の歯だったため、どちらかの仮の歯が時々外れたり壊れたりご迷惑をおかけして申し訳ございませんでしが、まず左でしっかりと噛んでいただけるようになりほっとしました。おつかれさまでした!

投稿日:2007年9月26日  カテゴリー:インプラント

ページトップへ